かじでち

逆から読めば“ちでじか”、つまり“地デジ化”(ふっ、つまらん)世の中のブツがどんどんデジタル化している昨今。実際オイラが所有しているデジタルなブツはまずPC、携帯電話、携帯ゲーム機、DVDプレイヤー、iPodぐらいだろうか・・・。さて、来年の7月24日にテレビのアナログ放送は地上波デジタル放送に完全移行することは皆様ご存じのとおり。今年3月の時点で地デジ普及率は83.3%らしい・・・。結構普及しているのね。凄いね。で、うちのテレビは、

“バリバリのアナログですが、何か?”

購入してから10年以上は経っているな。もちろんブラウン管ですがな。んでもって、一度も故障したことないし、まだまだ現役で使えそうな勢いでありんす。

確かに当節流行のハイビジョンテレビと比較したら画質は悪いんだろうけど、普通に鑑賞する分には全く問題ないし、それ以前にあまりテレビを観ない人間なので、現在に至ってもテレビを買い換えようという気が起きないのねん。

でも、このまま現状を維持すれば、来年の7月24日から確実にテレビを観られなくなることは必定!さぁ、どうする?

そもそも、前述の83.3%の普及率ってマジな数字なのだろうか?一体どうやって調べるの?もしこの数字が正確なものだとしたら、オイラは数少ないアナログ派ってことになっちゃうよね?ナウくないよね?イケてないよね?それってヤバイよね?遅れをとっちゃってるよね?乗り遅れちゃってるよね?いいの?ほんとにこのままでいいの?さぁさぁさぁ、どうすんのよ?

と、煽られれば煽られるほど頑なに天の邪鬼な方向に進んでしまうのがオイラという人間なのでありんす。さぁて、オイラは一体いつ頃テレビを買い換えるのでしょうか?乞うご期待!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*