会社のPCが突然アメリカに帰化

日本人の多くの方がPCキーボードの配列は日本語106/109 配列(JIS配列)を使用しているはずであるわけで、コアな方は101/104英語キーボード(US配列)を使っていらっしゃるわけで、オイラはPC歴は長いけれど当然日本語106/109 配列しか使ったことがなく、てゆーか英語キーボードを使う場面は無いわけで、それがなぜ突然会社のメインPCのキーボード配列が101/104英語キーボードの配列で認識されるようになってしまったのか???社長!一体何をしたっ!PCをアメリカに帰化させんぢゃねぇっ!

さて、困った。こんなトラブル初めてだ・・・。ネットで調べるとこういうケースは様々な要因があるようでビックリ。で、うちの会社のPCの場合、何らかの原因でレジストリの値が変わってしまったようだ・・・。同様のケースに今後見舞われる方もいらっしゃるかと思うので、備忘の意味を込めて以下に修復方法を掲載いたします。

(注)
日本語106/109キーボード用ドライバが正常にインストールされていて、一例としてShiftキーを押しつつ数字の2を押すと@マークに変換される(US配列に認識されている証拠です)場合などに有効です。レジストリを修正しますのでちょっと危険です。バックアップを取ってから行ってね。

  1. 【スタート】ボタンをクリック。
  2. 【ファイル名を指定して実行】をクリック。
  3. 【regedit】と打ち込んでエンターキーを押すとレジストリエディタが起動します。
  4. 【HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters】を開きます。
  5. LayerDriver JPN の値「KBD101.DLL」を「KBD106.DLL」に修正します。
  6. OverrideKeyboardIdentifier の値「PCAT_101KEY」を「PCAT_106KEY」に修正します。
  7. OverrideKeyboardSubtype の値「0」を「2」に修正します。
  8. レジストリエディタを終了します。
  9. PCを再起動して下さい。

ふぅ・・・。取りあえず日本に戻りました・・・。アメリカ帰化阻止。

ったく、マウスはぶっ壊すわ、メールを書きながら消滅させるわ(い、一体どうやるの?)、以前はクラッシュさせるわ、社長のアナログっぷりには頭が痛い昨今・・・。ただでさえ忙しいのに・・・。

と、今日は単なる愚痴こぼしです・・・。ごみんなさい。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*