新宿中村屋で間違いはなかったのだけど思いっきり間違っちまってある大先生に大変御迷惑をおかけしてしまった若き頃のオイラのとある失敗談について語ろうではないか

入社間もなく、まだ楽器業界や音楽業界について何も知らない無知な新人さんの頃でありました。創業35周年記念としてある楽譜を出版することになりました。これは歌とギターのためのちょっと珍しい楽譜だったのですが、巻末に掲載する日本語訳をこの業界では大変有名な某大先生にお願いすることに相成り、各種資料をお渡しするのと種々の説明をするために、某大先生と打ち合わせを兼ねてお会いすることになりました。先生が会合場所にご指定されたのは老舗“新宿中村屋”でございました。

そして当日。待ち合わせ時間10分前にオイラは到着。某大先生はまだいらしていませんでした。資料を確認しながらふと時計を見ると約束時間を10分程過ぎていました。

が、30分、1時間経っても某大先生はいらっしゃらない・・・。もしかしてオイラが日付もしくは時間を間違えたのかと思い、当時まだ携帯電話など珍しい時代だったので公衆電話から会社に電話。某大先生宅に連絡を入れてもらったら、なんと先生はずいぶん前に新宿に向かったとのこと・・・。一体何が起こっているのだ?

結局2時間待ってもお会いすること叶わず帰社することに・・・。

翌日、某大先生宅にお電話すると先生自らが電話に出られました。そこで大変なことが判明!な、なんとオイラが待ち合わせ場所を間違えていたのでした。

歌舞伎町は得意なのですが(汗)、それ以外はあまり新宿のお店のことは知らなかったのね、当時は。で、オイラは新宿中村屋というと、東口改札を出てそのまま右手にある駅構内の中村屋のことを有名な新宿中村屋と思っていたのでした。[1]で、某大先生は当然ながら新宿通沿いにある本店にいらしたのでした・・・。

これは大変なことをやらかしてしまった・・・(滝汗)取りあえず電話に向かって土下寝し、後日お会いすることに。今度こそ本店でっ!

お会いしてまず先日の非礼を詫びたところ全くお怒りになることなく、「もっとわかり易い場所を指定すれば良かったですね、すみませんでした」と逆にお詫びの言葉をかけてくださいました。

ト、ト、ト、トンデモゴザイマセン

とオイラは切腹する勢いで再び土下寝。これはどう考えてもオイラのミスですもの。本当に某大先生はお心が広いっ!

実はこの日。お詫びの印にちょっと貴重な映像を収録したフラメンコのビデオを持参し、某大先生に進呈。フラメンコ音楽にも大変造詣が深い某大先生でありますが、この映像は観たことがないということで大変喜んでいただきました。正直すんごくホッとしました。

以来、プライベートでも待ち合わせ場所というものに過剰なほど敏感になってしまったことは言うまでもない。

  1. 現在は東口構内の中村屋はもうありません。たぶん・・・。 [戻る]
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*