オーディオって本当に進化しているんでしょうか?

オイラ、オーディオ関係のことはチンプンカンプンであり、基本的にCDを聴く時はごく普通のポータブルプレイヤーを使っているわけであり、でも最近ではお気に入りのCDは全てipodにぶち込んで聴くのが普通になっているわけであり、そんな訳で多分今後もオーディオに凝ることは無かろうかと思われるわけですが、昨日、某大先生のことをブログに書いている時、ふとオーディオ音痴であるオイラが以前とっても衝撃を受けたオーディオ機器があったことを思い出したのであった。それはなんと・・・。

蓄音機W

でござる。

10数年前、うちのお店のイベントで“蓄音機で名演奏を聴こう!”みたいな企画を催したことがあるのね。当時、うちの会社の近くにあった某有名レストランのオーナーがその世界では有名な蓄音機コレクターであり、一番最高の蓄音機を貸していただけないかと相談したところ快諾してくれました。そして、蓄音機にも造詣が深い昨日の某大先生を解説者にお迎えしたのであります。その時お貸ししていただいた蓄音機が、最高級銘機として名高い“グレデンザ”でござんした。1台ウン百万円もします・・・。

某大先生は秘蔵のSPレコードWを何枚かご持参してくださったのですが、その中の1枚にあのフラメンコ・ギターの大巨匠Sabicas(サビーカスW)のグラナイーナスがありました。フラメンコ野郎のオイラとしては興味津々であります。

さて、名機グレデンザからどのような音が出てくるのでありましょうか?微かな針音の後、サビーカスの美しい音が流れだしました。

いやぁ~、マジでクリビツテンギョウでしたわ・・・。その音の素晴らしさにっ!天に召されたはずのサビーカスが、この瞬間だけ蘇って目の前で演奏しているような臨場感と音の生々しさでした。ちょっと信じられませんでしたねぇ。

オーディオ機器は日進月歩の世界とは思いますが、あの時ばかりは「本当に進化しているのか?」と思ってしまいましたねぇ。もはや蓄音機自体が楽器(しかも名器)なんだなぁ、たぶん。

とは言え、オイラには絶対買えないけどね・・・。ハハハ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*