アーカイブ : 2011年 1月 6日

血の味がするカンテ

ううっ・・・。文字にすると結構グッとくるねぇ・・・。ホラーですか?違います。大変曖昧な記憶なんですが、コルドバの名カンタオールEl Pele(エル・ペレ)が、当時まだ日本では無名に近かったVicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)を伴奏に従えて確か1990年に来日した際にインタビューで、「歌っている時、身の内にドゥエンデが宿ると口の中が血の味がする」みたいなことを仰っていたような気がしたんですが、どなたかご存知ですか?こういう表現って日本人には絶対に無いと思います。素晴らしい感性ですね。
続きを読む