全人類的お宝必聴盤~Part15 “ナルシソ・イエペス/入江のざわめき”

Narciso Yepes(ナルシソ・イエペスW)=“禁じられた遊び”のイメージが未だに根強いわけですが、彼がクラシック・ギターの世界にもたらした功績は計り知れませぬ。それは特にギター演奏の技術面において顕著であり、ギター演奏法史上の革命と言っても過言では無かろうと思います。直接的、間接的にその影響を受けているギタリストは星の数ほどおります。さて、そんな大巨匠ですから、名盤は数多く存在し、そのどれもがお宝必聴盤と言えるわけですが、懊悩の上1枚を選ぶとするとこのアルバムがどうしても忘れることが出来ませぬ。

“ナルシソ・イエペス/入り江のざわめき~1990年”

  1. イサーク・アルベニス/アストゥリアス(伝説)
  2. イサーク・アルベニス/入り江のざわめき(マラゲーニャ)
  3. アグスティン・バリオス/大聖堂
  4. コンセプシオン・レブレーロ/ホアン・デ・ラ・クルスの想い出
  5. ミゲル・アンヘル・チェルビート/アルゼンチン組曲
  6. ホアキン・マラッツ/スペインのセレナード
  7. エスタニスラオ・マルコ/グァヒーラス

※スキャナー不調のため、別のアルバムジャケットに差し替えています。

アルベニス、マラッツ、マルコの作品は古くからイエペスのレパートリーとして知られていますが、プロ・アマ問わず現在では誰もが一度は演奏するバリオスの名曲“大聖堂”は、イエペスが生涯を通じて唯一録音したバリオス作品であります。しかも、3弦をF♯に下げて演奏するというイエペスらしいアイディア(賛否両論ありますが・・・)が素晴らしい!

レブレーロとチェルビートの作品はともにイエペスに捧げられた作品で、これが初録音であります。とりわけレブレーロ作品におけるイエペス渾身の演奏は深く、心の襞にまでぐいぐいと食い込んでくる凄まじい演奏であります。実はこの作品の誕生にはあるドラマがあったのです。

レブレーロは当時40代の女流作曲家で、マドリード音楽院で教鞭を執っていました。そして、偶然にもイエペスの子供達の先生でもありました。

レブレーロにギター作品を書くことを薦めていたイエペスですが、レブレーロ自身はギターの事を何も知らないという理由で断り続けていました。

1986年。イエペスに不幸が訪れます。愛する息子、ホアンが交通事故で逝去。その報を聞いたレブレーロはそれまで拒んでいたギター作品の作曲へ着手し、あっと言う間に曲を仕上げました。それが、このアルバムに収録されている“ホアン・デ・ラ・クルスの想い出”であります。

通常、ギターの楽器的機能を知らない作曲家が書いたギター作品は演奏不能の部分が多々存在するのが当たり前であり、ギタリストと相談を交えながら適宜修正を施して完成されるものですが、楽譜を受け取ったイエペスは、10弦ギターのために書かれたこの作品に1音の変更を加える必要が無いことを見出し「奇跡だ!」と思われたそうです。

このような経緯を経て作曲・録音されたという事実を知らなくても、イエペスのこの作品に寄せる思いが聴き手に迫る神懸かり的超名演であることは間違いありません。極論すれば、このアルバムの価値はこの1曲を聴くだけでも成就されるでありましょう。

しかし、残念ながらこのアルバムは現在入手が大変難しい状態です。どこかで見かけたら万難を排して購入することをお薦めします。

  1. それは聴いてみたいなぁ。
    イエペスは残念ながら生演奏を聴いたこともありませぬ。

    私はアストゥリアスがとても好きでギターを始めたのに、とうとう弾けませんでした。
    入り江~は練習したんですが、アストゥリアスは難しいのでしょ?
    19歳の誕生日が丁度レッスンの日で、Y先生にアストゥリアスと大聖堂を弾いてもらったのがなつかしい思い出です。(何十年前やら・・)

    • Luzia
    • 2011年 1月 26日

    @Angelitaさん
    「入江のざわめき」も「アストゥリアス」も、ピアノ原曲は初心者クラスでも演奏可能な技術レベルなんだそうですが、ギターだと上級クラスになってしまいますね。

    オイラもイエペスを生で聴いたことがないのであります。一時期、毎年のように来日公演を行っていたので、いつでも聴けるとタカをくくってのが間違いでした・・・。来年こそは絶対に行こうと心に決めた年に天に召されてしまいました。

  1. トラックバックはまだありません。

*