恐怖の粉チーズ

昨日書いた例の家の前を久し振りに通ってみました。相変わらずチープな監視カメラが作動しておりました。そういえば、ここの住人らしき人を一度も見たことがない・・・。電気は付いていたので無人ではないわけで・・・。謎と恐さは深まるばかりであります。恐怖と言えば昔、某純喫茶で恐怖体験をしたことを思い出したっ!つっても、オイラが恐怖したわけぢゃないんだけどね。純喫茶の定番メニューといえば“ナポリタン”ですね。妙に美味しいんだよなぁ。で、ナポリタンには粉チーズが必須であります。いわゆるパルメザンチーズね。

粉チーズ

この1本の粉チーズによってその純喫茶は一時恐慌をきたしたのであります。

あの時は確か友人数人とそのお店に入りました。大体オイラはいつも純喫茶に行くとナポリタンか焼きうどんを注文するのが定番であり、その時はナポリタンとブレンドコーヒーを注文。しばらくすると見るからに美味しそうなナポリタンが到着!で、備え付けの粉チーズに手を伸ばし思いっきり振ると中から粉チーズとともに

“ゴッキー様”

がお出ましになられました。

このブログでも何回か書きましたが、オイラはゴッキーは全然平気なの。でも、世間ではどちらかというと老若男女を問わず苦手な方が多いわけで、ご多分に漏れず友人たちはみんな苦手な連中だったのであります。

“ぬぉ~~~~~っ!”

とか、

“うぉ~~~~~っ!”

とか、

“あべしっ!”

とか

“ひでぶっ!”

などといった叫び&擬音が飛び交い、周りのお客さんは一体何事かとオイラたちに注目。カクカクシカジカと説明すると、女性を中心に悲鳴が巻き起こるっていう寸法です。

店長さんとウエイトレスのお姉ちゃんが、五体投地しそうな勢いで詫びを入にきてその場は何とか収まりました。もちろんオイラのナポリタンも作り替えてくれましたが、オイラ的にはゴッキーさんがインしたナポリでもOKなんだけどな。だってMOTTAINAIぢゃありませんか。

えっ?ダメですか?

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*