本当の初恋の人

以前、初恋の人はオードリー・ヘップバーンと書きましたが(ここ)、確かに初恋には違いないけれどちょっと現実離れしていますね。で、昨日の記事を書いている時に思い出してしまったのであります。本当の初恋の人をっ!しかもフルネームまでっ!自分でもクリビツであります。この記憶は封印したつもりはなかったんだけどなぁ。あの時のトキメキがありありと蘇ったぜよ。

Mさんはオイラの左隣に座っていた女の子でした。オカッパ頭でホッペタがちょっと赤くて決して美人ちゃんではなかったのだけど、妙に愛嬌のある可愛い子でした。

大人しい子供だったオイラは当然声を掛けることが出来ませぬ。でも1度だけ合法的に接近する機会を持てたのでありました。

なんの授業だったかは思い出せませんが、オイラはその授業の教科書を忘れてしまったのであります。Y先生のビンタが飛ぶかとビクビクしましたが、「○ちゃん。Mさんに教科書を見せてもらいなさい」と優しくおっしゃいました。(そりゃそうだわな・・・)

Mさんはニッコリ微笑むと教科書をオイラの方に片寄せてくれました。もうオイラはドキドキであります。恐らくその時、オイラの顔は真赤だったとおもう。

人見知りではないけど自分から話しかけるのは苦手な子供でも、何かしらのキッカケを得るとガラっとキャラが変わるオイラ。それから急速に親しくなったのであります。

が、人生とは何が起るかわからぬものであります。Mさんは二学期の途中で無情にも転校してしまいました・・・。

今頃何しているのかなぁ。きっと良いお母さんになっているだろうなぁ。何だか昨日に引き続いて黄昏モード全開であります・・・。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

*