アーカイブ : 2011年 2月 22日

ピュアハートだったあの頃・・・

むかぁ~し、むかしのロング・ロング・タイム・アゴォ~のことぢゃったぁ。まだ純な心を持った“ピュアハート”な子供の頃のお話しぢゃあ。その頃、近所の書店に行き宇治拾遺物語Wをレジのおじさんに手渡し「僕には難しいんじゃないかな?」と言われつつも購入し、ワケが分からないながらも読み耽り、客観的に見ると神童的な振る舞いに見えるが、その実はアホな子供であったワシはふとある疑問を心に抱き両親に尋ねるも、結果的に要領を得られず、藁にも縋る思いでとあるところに電話をしたのであった。それは・・・
続きを読む