全人類的お宝必聴盤~Part16 “パコ・デ・ルシア/Por descubrir”

「全人類的お宝必聴盤」シリーズは、アーティストに対し1枚だけという掟を課しておるのですが、その禁を破り既に我が神“Paco De Lucía(パコ・デ・ルシア)”のアルバムを2枚紹介してしまった(ここここ)のでありますが、またその禁を破ります・・・。このブログの第2回目で「Caja Integral de PACO DE LUCIA」という25枚組+詳細なディスコグラフィー+伝記までも含む超豪華Boxセットのことを紹介しましたが、熱心なパコ・ファンは未発表音源を集めた特典レアCD“Por descubrir 1964-1999”を聴くためにこのセットを購入したものであります。

が何と、このレアCDが単品発売に・・・。ちょっと複雑・・・。でも、“Por descubrir=発見”というタイトルどおりまさにお宝音源でありますので多くの方に聴いていただきたいっ!

“Por descubrir~1964年-1999年”

descubrir

  1. Rondeñas (1964年)
  2. Aires Andaluces(Bulerias)(1964年)
  3. Piropo Gaditano(Alegrias)(1964年)
  4. Cielo Sevillano(Siguiriya)(1964年)
  5. Esencia Gitana(Alegrias)(1972年)
  6. Por Donde Caminas(1978年)
  7. Tema De Amor De La Pelicula La Sabina(1979年)
  8. Tema de Celos(1979年)
  9. Tema De Amor De La Pelicula La Sabina(1979年)
  10. Tema Andaluz(1979年)
  11. Sevillanas A Dos Guitarras(1992年)
  12. Gabarre(1999年)
  13. Plaza Real(2000年)
  14. Niquelao(2000年)

特に重要なのが1~4であります。一般的にパコのデビュー盤は20歳の時に録音された“La Fabulosa Guitarra de Paco de Lucia(邦題:天才 1967年)”とされているのですが、それより3年前に録音されたEP盤(いわゆるドーナツ盤、限定発売)音源である1~4が真のデビュー盤なのです。

1曲目の“Rondeñas”はパコにとっても大巨匠であるRamón Montoya (ラモン・モントージャ)の曲をそのまま弾いています。残り3曲もNiño Ricardo(ニーニョ・リカルド)やSabicas(サビーカス)といった巨匠の影が色濃く感じられますが、とても17歳の少年が演奏しているとは思えない堂々たるもので、特に2曲目のブレリアスは尋常ではないスピードと力強さで聴く者の魂を揺さぶることウケアイ。

パコ・デ・ルシアの原点を知る上で避けて通ることの出来ない非常に重要なCDです。こういうレアモノはある時に購入しておかないと後で泣きを見るものであります。是非今の機会に入手することをお勧めしまっす!

※例よってアクースティカさんで扱っている模様。

  1. パコ師匠の17歳の時の演奏!興味津々です。
    でも残念ながらアクースティカも在庫なしと・・・。

    • Luzia
    • 2011年 2月 6日

    @Angelitaさん
    >でも残念ながらアクースティカも在庫なしと・・・。
    ガビ~ン・・・。ナンテコッタイ。

    パコ師匠の主要なアルバムですら国内盤はほぼ廃盤になってしまったし・・・。

  1. トラックバックはまだありません。

*