鼈甲 vs 象牙 vs 黄楊 vs 水牛の角

津軽三味線をやっていた当時、いつかはお金を貯めて買いたいなと思っていたブツがありました。結局、三味線自体を辞めてしまったので今後購入することは無かろう・・・と思う。それは何かというと“撥”でござる。三味線はご存知のとおり指ではなく撥で弦を撥弦いたします。材質は様々でありますが、一番安いのはプラスチック製ね。初心者のうちはこれで十分。でも、音は無機質な感じになってしまってやっぱりダメね。

先生が当時所有されていた撥はさすがに良いものばかりでした。どれが一番良かったか?もう答えを書いてしまっています。今日のブログタイトルの順番であります。

鼈甲撥は柄の部分は象牙でした。とにかく弦を掬い上げた時の弦ノリが良いというか、ちょっと別格の感触でした。安めのモノもあるようですが、先生のものはかなり高額なものなので滅多に貸してくれませんでしたが・・・。文句なく最高の逸品なり。

象牙も凄いっす。しかも総象牙!これも高い!津軽三味線では恐らく使われないのですが、これまた何とも言えない凛とした音が出ます。ちょっと重いのが玉にキズ。

黄楊もなかなか弦ノリが良くて気持ち良いでっす。これもあまり津軽三味線では使われないかも。黄楊はもともと油分を多く含んだ材なので、なんとなくしなやかな音が出るような気がします。

で、オイラが当時使っていたのは水牛の角で作られた撥でありんした。決してこれも悪くないのですが、ちょっと音が硬質になるのね。んで、なんか弦ノリも悪い。少しでもノリを良くするために弦が当たる部分に鼻の脂を付けて弾いていたっけ。(おいおい)

値段は4種の中で一番安いのですが、それでも1本数万円します・・・。なんで邦楽器って高いのだろう?

万年金欠病のオイラ。三味線辞めて良かったのかもしれねぇなぁ・・・。

  1. 撥だけでもそんなに高いんですね。
    概して音楽系は音を追求しようとなるとお金がかかりますね~。

    私がクラシックを始める時にギターを買ったお店って、今思えば家の近所の邦楽器屋さんでした。(笑)
    それも表面版の色だけで選んだという・・・。
    でもY先生に「この値段にしちゃ(^^;)音出るほうだよ。」と言われましたっけ・・・。

    • Luzia
    • 2011年 2月 10日

    @Angelitaさん
    ほんと高いです。

    “弘法筆を選ばず”とは言いますが、楽器はこれが当てはまりませぬ。ダメな楽器はどんな名手が演奏してもダメダメ。でも、楽器の値段が高いから良いというものでもないので、その辺りの見極めが難しいです。良心的な楽器店なら良い楽器を販売しますが、結構売らんかな主義のお店もあったりするので・・・。まぁ、あまり多くは語れないのですが・・・。

  1. トラックバックはまだありません。

*