アーカイブ : 2011年 3月 29日

人の弱みに付け込む外道たち

人の弱みに付け込む外道は古今東西を問わず決して消えることがない。なぜか?我々人間には人種、性別、年齢を問わず生来、“悪意”が等しく存在するからである。当然オイラにもある。聖人君子と呼ばれる人間も例外ではない。しかし通常、悪意なるものは理性によって制御されているものであり、自分や他人がそういったものに遭遇した場合、嫌悪や怒りを抱くはずである。それが出来るのもまた人間だけなのである。
続きを読む