とます・るいす・で・びくとりあ

外国語、外来語を表記するのに日本語では通常カタカタで書きますね。で、平仮名にするとなんか可愛くなるのはなぜなんだろう?どうしてなんだろう?(萌)んで、今日はそういう話ではない。え、ええと・・・、長年音楽業界に身を置いていながら初めて知る作曲家やミュージシャンがいたりするわけですが、今日はじめて知った作曲家がおった。Tomás Luis de Victoria(トマス・ルイス・デ・ビクトリアW)というスペインの作曲家でございます。

Wikipediaを見て反省・・・。16世紀スペインにおいて最も有名な作曲家とある。誠に汗顔の至りでござんす。

なぜ今日になって知ったのかというと、今年がトマス・ルイス・デ・ビクトリア没後400年にあたる年で、それを記念したコンサートが8月に催される旨のチラシが届いたからなの。

いやはや、色々調べてみたら素晴らしい作曲家だったのね・・・。試みにYou Tubeで検索すると音源やら動画やらがわんさかアップされとるぢゃなかですかっ!全くお恥ずかし限りでっす・・・。

またまた、オイラが不良社員であることを露呈&証明してしまったなぁ・・・。しばらく旅に出ます・・・。

トマス・ルイス・デ・ビクトリアの「アヴェ・マリア」。(音声のみ)心が洗われるなぁ・・・。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


傑作「死者のためのミサ曲」から第1曲「キリエ」。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

    • タリス・スコラーズ
    • 2011年 3月 9日

    ジャンルが違うせいか、わたしもビクトリアのことは知りませんでしたが、今度6月にタリス・スコラーズのコンサートに行きます。そこで演奏されるのがビクトリアの「レクイエム」です。CDを買って予習中(?)です。

    • Luzia
    • 2011年 3月 10日

    @タリス・スコラーズ
    タリス・スコラーズことmimi姉さん!

    タリス・スコラーズ・・・。は、初めて知りました・・・。私は本当に楽器店店員なんでしょうか?これは本当に旅に出ないといけんかもしれぬ・・・。

    「レクイエム」をやるんですね。一番有名な作品ですね。(てゆーか、昨日知った・・・)是非堪能して下さい。

    そうそう!龍馬さんの写真、ムーチャス・グラシアス!でっす!

  1. トラックバックはまだありません。

*