月に吠える

“わおぉぉぉ~~~~~~ん”

ハイハイ・・・。狼男ですか?ご苦労さん。さて、つまらぬ自虐ネタはあっさり放棄すべし。さて、オイラが密かに愛する萩原朔太郎Wの代表作と言えば“月に吠える”であります。ちなみにOzzy Osbourne(オジー・オズボーンW)の名作“Bark at the Moon”の邦題も“月に吠える”なのは偶然であります。

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、朔太郎が作曲も行っていた事は結構有名な話であります。中でもマンドリン・ソロ曲“機織る乙女(A Weaving Girl)”は近年、録音もされたこともあり良く知られております。現在、その自筆譜は前橋文学館に保存されております。

で、何といきなり楽譜が出版されました。

マンドリンを持つ萩原朔太郎 曲冒頭 自筆譜冒頭

とてもシンプルで愛らしい小品です。ギターで弾いてみたんだけど、キー(調性)がAメジャー(イ長調)なのでとても弾き易く、音に厚みを加えたらナイスなレパートリーになりそう。

まぁ、正直言うと作品の完成度それほど高くないと感じるのですが(し、失礼・・・)、萩原朔太郎が書いた曲!という思いを抱きつつ弾くと感無量であります。いずれにしろ、この作品が出版されたことは大変喜ばしい限りでございます。

AWS Access Key ID: AKIAJSAQIN7QERVLN2JA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.


マンドリニスト、高柳未来さんのアルバムです。「機織る乙女」が収録されています。

AWS Access Key ID: AKIAJSAQIN7QERVLN2JA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*