クレーマー、クレーマー

クレイマー、クレイマーWだったら良かったのにね・・・。客商売にクレイマーもといクレーマーは付きものであり、オイラがまだやんちゃだった頃はお客人に対して×××やら△△△的な罵倒を浴びせたりしたものでありますが(よくクビにならなかったものよ・・・)、最近はちょっと大人になったのでそういうことはしなくなったけど、たまに「○すっ!」とか「○めるっ!」とか「○ぶすっ!」といった阿鼻叫喚の地獄絵図的な妄想絵巻を脳内で再生することもあるわけで・・・。要するにクレーマーは不可避ということなのね。

クレーマーではないのだけど以前あるお客人から問い合わせ電話があり、その内容に最初は呆れ、その後、怒り心頭に達してしまったことがある。内容はこうだった。

先日購入した楽譜の一部に譜玉が通常のオタマジャクシ(♪)ではなくて、◆のものがあるんだけどこれってどういう意味なの?

ギターをある程度やっていらっしゃる方ならプロ・アマ問わずご存知のはず。◆もしくは◇は通常ギターの場合“ハーモニクス音(フラジオレットW)”を表記する譜玉であります。

これのどこに怒り心頭に達する要素があるのか?と疑問を抱かれる方も多かろう。

お応えしよう。なぜなら、この問い合わせをしてきたお客人は

“プロ・ギタリスト”

だったからなのであるっ!

あり得ねぇ・・・。もはやプロ・ギタリストとは呼べないレベルなんだけど、現在も音楽教室でギターを教えることを生業としている方なのでプロと呼ぶしかあるまい・・・。

これからギターを始めようとこの教室の門を叩いた生徒さんが余りにも気の毒で、それ故、沸々と怒りが湧いてきてしまったわけである。ほんと不幸としか言いようがない・・・。

その怒りをグッと堪えてハーモニクスの意味と奏法を電話口で説明するオイラ。この時ばかりは心底この業界から足を洗おうかなと本気で思ってしまった・・・。

このギタリストは今までに一度もハーモニクスの出てくる曲を弾いたことがなかったのだろうか?不思議だ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*