世界はひとつ

震災から3日目を経ました。状況は悪化の一途を辿り、今日は計画停電により首都圏は大混乱でしたね。僕は定休だったので影響はありませんでしたが、お仕事だった方は大変だったと思います。本当にお疲れ様です。午前中にスーパーマーケットに行ったのですが、大変な混雑でした。でも、帰る家があり、ガス・水道が使用でき、仮に計画停電になったとしてもたった3時間で済む私たちは幸せです。

電気を消費しているわけですから、PCを起動することにとても罪悪感を感じております・・・。被災地の方々には本当に申し訳ございません。

世界各国から日本に向けられたメッセージにとても感動いたしました。僕が勤務する楽器店は海外の製作家、出版社とも取引があるため彼等からも温かいメッセージがメールで多数届いております。有り難くて涙が出ます。彼等にとっても今回の大震災は大変なショックを持って迎えられたのでしょう。決して対岸の火事ではないことを実感されたのではないでしょうか。

そんな中、いつもお世話になっているCARMENさんのブログで紹介されていたフラメンコ・ギタリスト、Juan Manuel Cañizares(フアン・マヌエル・カニサレス)さんのFacebookのページに掲載されている、“元気の出るツイート集”には文字通り元気をいただきました。カニサーレスさん、Muchas gracias!是非皆さんも訪れてみて下さい。

尚、スペイン語翻訳をされたのは日本人の奥様であるMarikoさんです。大感謝です。CARMENさんもありがとう!

  1. CARMEN(Angelita)です。
    記事を取り上げて頂いてありがとう!
    カニサーレスさんは日頃から親日家でとても暖かくて素敵な人です。
    もの凄い演奏家なのに、いつもおだやかで優しくていい人です。
    そんな彼が毎日のようにFacebookで日本人への励ましやメッセージを送り続けてくれているのには本当に胸が熱くなります。
    あまりの被害の凄さに無力感を感じますが、小さなことひとつずつでも、何か出来ることがあれば、その積み重ねが大きな力にもなるかもしれないんだという希望を彼にもらいました。

    • Luzia
    • 2011年 3月 14日

    @Angelitaさん
    先程、カニサーレスさんのFacebookにおける新しい書き込みを拝読しました。

    Angelita(CARMEN)さんの仰るとおり、彼の優しさには本当に頭が下がります。日付が変わったら直ぐにブログ記事をアップする予定ですが、石原都知事に彼の爪の垢を煎じて飲ませたいくらいです。

    >あまりの被害の凄さに無力感を感じますが、小さなことひとつずつでも~
    全く同感です。自分に出来ることは可能な限り行うつもりです。

  1. トラックバックはまだありません。

*