ギターの形をしたワルツ

あぁ~、遊びてぇ・・・。1週間ぐらいのんびり温泉に浸かりてぇ・・・。でもぉ、そんな暇はないしぃ、1週間も連休は取れないしぃ、そもそもゴールデンウィークなんちゅう言葉も社会人になってからオイラの辞書からは消えているしぃ、つーか、しぃしぃウルサイねオイラ・・・。要するに大疲労大会開催中なのであります・・・。疲労困憊なのであります・・・。まぁ、遊べないなら遊び心を発揮するか、遊び心を享受して溜飲を下げるほかあるまい。

いつもお世話になっているクラシック・ギタリストの伊東福雄先生は遊び心の達人であります。言葉をかけると即座に秀逸な“オヤヂギャグ”が帰ってくるし、ギター演奏も超一流だし、作曲&編曲の才も素晴らしいし、要するに素敵な方だ。

伊東先生が以前リリースされた“ロマンティックス”というギターの小品を集めたナイスなCDがあるんですが、そのジャケットがこれまた素晴らしいのでありんす。伊東先生が作曲されたギター三重奏とコントラバスのための“ワルツ”という作品が使用されているんですが、音符の羅列がギターの形をしているのでありまっす!

ギターの形をしたワルツ

当然ながら演奏可能な曲になっているざんす。素晴らしいアイデアだと思いませんか?

オイラもこれくらいの遊び心を持ちたいものでござんす。何かというと愚痴やら弱音やらクシャミやら鼻水やら脳ミソやらをグダグダとダダ漏らしてるようぢゃいけねぇよなぁ・・・。頑張ろう・・・。

  1. すてきな楽譜!演奏したらどんな曲なんでしょう?
    弾いてみたことある??

    • Luzia
    • 2011年 4月 25日

    @Angelitaさん
    >弾いてみたことある??
    へい、あります。完全に現代曲ですね。今度録音します。(ウソ)

  1. トラックバックはまだありません。

*