世界一CDを割っていた漢(たぶん)

“男”をわざわざ“漢”と書いたことに特に意味は無く、CDは“Cash Dispenser(キャッシュディスペンサー)”のことではなく、“Compact Disc(コンパクトディスク)”のことである。さて、以前“レコードからCDになってかわってしまったもの”という記事を書きましたが(こちら)、個人的な好みを抜きにしてもここに書いたことはオイラにとっては事実であります。

仕事とは言ってもたくさんのCDを聴かねばならんのは結構大変っす。でも、それが全て素晴らしい録音だったら楽しいはずなんだろうなぁ・・・と思う今日この頃。

今はもうそんな事はしませんが、以前は「なんぢゃこりゃ~っ!」的なダメダメCDに遭遇すると怒りの鉄拳を加えてバキバキ割っていました。なぜか?

つまらぬCDは

“罪”

であり、罪は罰せられねばならないわけであり、そんな事とは知らず大切なお金を払ってつまらぬCDを購入してしまった方への

“正義の鉄拳”

であると信じていたからである。

今はもうそんな事はしないと上述しましたが、それはなぜか?

“疲れるから・・・”

であります。

つまり、相変わらずつまらぬダメダメCDがリリースされ続けているわけね。ちなみに今年は“こ、こ、これはっ!”というCDには出会っておりません。

まぁ、果報は寝て待とう。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*