この世で一番信用ならねぇもの

ええと、本来ならこんな事を書くべきではなかろうが、どうにもこうにもオイラの怒りの矛先が二進も三進もあっちもこっちもそっちもどっちも行かないので、愚痴をこぼして憂さを晴らしたる。そんなわけで、いつも以上にクダらぬ内容なので良い子のみんなは読んではいけません。もし読まれる場合は

“決して、ひとりでは読まないでください・・・。by サスペリア”


さてさて、前に昨年の11月に入社したダメダメ新人さんの事を書いたな。(ここやらここ)まぁ、ある程度予想はしていたけど本日、解雇(クビ)と相成ることに。ちなみに現時点で本人はまだ知らぬ。なのでオイラはただでさえ忙しいのに、更に忙しくなること必至であり、カオスを超えたカオスに陥ること必定であり、ムラムラ、もといイライラしているのである。

オイラがこの世で一番信用出来ぬものに“学歴”“偏差値”がある。

偶然なのかどうか知らぬけど、これまで出会った人間の中で学歴やら偏差値が高いと言われる人間でマトモな奴に出会った事が余り無い。もちろん、素晴らしい方にお会いしたことはある。だけどなぜか仕事関係ではほとんどいないのである。

件のダメダメ新人さんは誰でも知っている某有名大学を卒業し、これまた誰もが知っているような某一部上場企業に勤務をしていたことがある人間である。年齢もオイラより一回り以上年上であり、本来ならばたとえオイラの方がこの業界が長いとはいっても、一定の礼節を持って遇すべきである。

が、彼が入社以来オイラはほとんど彼に対してタメ口をきき、時には社長や他の社員も引いてしまうほどかなり強い調子で叱ってきた。

が、全然ダメなのである。その時は神妙な面持ちでオイラの罵倒を受けているんだけど、結果的には全く反省すること無く同じようなミスをたびたび繰り返す始末。

一番驚いたのは、文字が超絶悪筆で判読不能なことが多いのと誤字の多さだった。驚愕したのは荒川の“荒”のあしの部分が“心”と書かれていた時だった。正直、学歴詐称を疑ったな。

そんなわけで万事がこんな調子なのでさすがに社長もキレてしまったというわけ。

と、ここまで書いてきて何だか彼が憐れになってきた。同時に怒りも薄れ気味・・・。

という訳で社長と彼の話は終わったようだ。つい先程、荷物をまとめて退社。まぁ、新天地では今回の教訓を活かして頑張ってほしい。(でも・・・、以前勤務していた会社を解雇されてうちの店に来たんだっけか・・・)

    • M
    • 2011年 4月 14日

    それはそれは本当にお疲れ様でした。
    人生って・・・・・
    私もがんばります。

    • Luzia
    • 2011年 4月 14日

    @Mさん
    まぁ、色んな人がいますなぁ、この世の中。

    Mさんは大丈夫よ。それはオイラが保証するっす。オイラも頑張ろう。

  1. トラックバックはまだありません。

*