アーカイブ : 2011年 5月 2日

チェコの怪人はロマンティストで心優しき方也

チェコのギタリスト作曲家、Štěpán Rak(シテパン・ラック)については知らず知らずに2回ほどこのブログで取り上げているんですが(ここここ)、もう一度ちゃんと紹介しておこうと思う。彼は基本的に自作品しか演奏しないギタリストなんですが、かなり個性的な作品が多いのと彼独特の超絶的(もしくは変態的?)奏法が多く出てくるため、リスナー的には好き嫌いの差が激しいギタリストではなかろうか?オイラ的には大好きなギタリストなんだけれどね・・・。
続きを読む