いまさら感が満載なんですが・・・

これまでもチラっと書いたことがあるけんど、オイラは基本的にフラメンコやボサノバやタンゴやフォルクローレやファド、つまりラテン系の音楽は本場のアーティストの演奏しか聴かない。てゆーか、聴けない。本場のアーティスト以外の演奏にはどうしても違和感を感じてしまうからなのね。フラメンコ・ギターを一応嗜むオイラですが、当然自分の演奏は最悪である・・・。聴けたもんぢゃねぇけど、聴かざるを得ないこの苦しみよっ!

なので、ファンの方にぶっ飛ばされることを覚悟して書くと、現在大活躍中であるフラメンコ・ギタリスト、沖仁さんも全く眼中になかったのさ。

正直言うと、初期のアルバムを聴いた時は上手いとは思ったけど「これはフラメンコなんだろうか?」と思ってしまったのも事実。以来まったく興味を失ったのであった。

が、昨年。第5回 ムルシア “ニーニョ・リカルド” フラメンコギター国際コンクールという栄えある舞台で、日本人初の優勝という快挙を成し遂げた彼。これは本当に凄いことである。本場のアーティストが彼の演奏を認めたということなのだから。

これまた正直に書くと、そのニュースを聴いた時オイラは目ん玉が飛び出るくらいクリビツテンギョウしたのである。これは現在の彼の演奏を聴かねばなるまいて。

コンクール開催中にリリースされた“Al Toque(アル・トーケ) ~フラメンコの飛翔~”での彼の演奏は、初期の頃と全く違っており、まさにムイ・フラメンコ!でありんした。タイトルどおり大いなる飛翔でありんす。

オイラもちょっと偏見を捨てて色々聴かなあかんな・・・と大いに反省・・・。

“A la Tierra(シギリージャ)”を演奏する沖仁さん。深いっ!凄くいいっ!(音声のみ)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


ラテンの名曲“ベサメ・ムーチョ”をオケとともに演奏する沖仁さん。めっちゃカッコエエがな。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

一皮むけた沖仁ワールドを堪能できるっす!

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

  1. ふふ。Luziaさんも彼の魅力にはまりましたね!
    私もそうでした。本場のものしか受け入れられなかった口です。
    だから彼のことも昔の演奏しか知らなくて、去年テレビを観た人に「沖仁いいよ」と言われても「ああビセンテのコピーだから・・・」などと思っていたのに、このCDを買って偏見が吹っ飛びました。
    昔、何度か生演奏を聴いた時はなんとも思わなかったのに(失礼!)今回このCDを買ったあと山野楽器の無料ライブの券をもらって最前列で聴いて、即決で直近の草月ホールのコンサートのチケットを買ったのでした。(完売寸前だったのよ。)

    3月の震災直後のブルーノートのライブもよかったですよ。ホントに。
    ムイ・フラメンコでしょ?すごくカッコイイし、音もきれいで、人間的にも飾らずに暖かくてホント素敵なギタリスタです。
    またコンサートに行きたいな。

    5月29日14時~テレビで「カディスの赤い星コンサート」の放映があるそうですよ!

    • Luzia
    • 2011年 5月 9日

    @Angelitaさん
    ようやく本場で通じる若い日本人フラメンコ・ギタリストが誕生したんだねぇ。これを機にフラメンコ・ギターを弾く若者が増えて欲しいわ。オイラも負けらんねぇや。

    >「カディスの赤い星コンサート」
    あぁ、今回は村治佳織ちゃんも出演していましたね。あっ!うちBSは映らんのだった・・・。

  1. トラックバックはまだありません。

*