チェコの怪人はロマンティストで心優しき方也

チェコのギタリスト作曲家、Štěpán Rak(シテパン・ラック)については知らず知らずに2回ほどこのブログで取り上げているんですが(ここここ)、もう一度ちゃんと紹介しておこうと思う。彼は基本的に自作品しか演奏しないギタリストなんですが、かなり個性的な作品が多いのと彼独特の超絶的(もしくは変態的?)奏法が多く出てくるため、リスナー的には好き嫌いの差が激しいギタリストではなかろうか?オイラ的には大好きなギタリストなんだけれどね・・・。

演奏動画なんか見ると“ドヤ顔全開”で弾きまくる様が、人によっては怪人的印象とともに嫌悪を催してしまうのかもしれない。

でも、彼の作品や演奏スタイルは冷静に聴くと大変ロマンティックであることに気付きます。硬派なクラシック作品あり、民族色の強い作品あり、疑似ルネサンス作品あり、前衛作品ありと底知れぬイマジネーションに彩られた作品が多く愉しめます。彼の代表作をいくつか動画でご覧下され。

“ Hora(Goraと表記されることもあり) ”という作品です。前半は左手のみでデーモニッシュなパッセージを演奏。後半はチャルダッシュのリズムで弾きまくっています。ラック作品の中では人気があり、YouTube上には様々なギタリストの演奏が観られます。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


いかにもラックらしい民族色豊かな“Sonata Mongoliana(モンゴル風ソナタ)”という作品。モンゴルの伝統楽器である“馬頭琴”の音楽をギターで再現しています。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


ロシアの民族楽器であるバラライカを模した“Balalaika(バラライカ)”(まんまやな・・・)という作品。ロシア民謡のメロディーが使われています。この作品はあのペレストロイカの雄、Михаил Сергеевич Горбачёв(ミハイル・ゴルバチョフW)に捧げられています。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


“Hiroshima(広島)”と名付けられた14分にも及ぶ大作。冒頭から中間部までの動画です。(続きはYouTubeで観られます)なぜ広島というタイトルなのかは後述します。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

いかがでしょう?個性的ではありますが、思わず引き込まれてしまいませんか?

さて、最後に掲載した動画“Hiroshima(広島)”という作品は暗鬱で何とも言えない悲しみに満ちた作品です。彼はこの作品を録音もし、かつて来日公演を行った際も実演しています。

タイトルでピンと来た方もいらっしゃるでしょう。この作品は1945年8月6日、広島に投下された原子爆弾で亡くなった方へのレクイエムなのです。

彼は1945年8月8日生まれです。広島と長崎に原子爆弾が投下された合間に生まれたことに運命的なものを感じ、日本に対しては特別な感情を抱いているということをかつてインタビューでも語っています。

その証拠に、現在彼のウェブサイトに先の東日本大震災への嘆きとともにチャリティーコンサートを3月31日に開催した旨の記事が掲載されています。以下原文。

Benefiční koncert po Japonsko – ohlédnutí

Ve čtvrtek 31. března 2011 se ve Střešovickém kostele konal benefiční koncert na podporu zemětřesením postiženého Japonska. Zazněla zde i jedinečná skladba „Píseň pro Sakuru“ která zde měla světovou premiéru a kterou Štěpán Rak zkomponoval přímo pro tuto akci. Spolu se svým synem Janem-Matějem zde odehráli nezapomenutelný koncert, který se setkal s nebývalým úspěchem a i díky tomu mohla být předána zástupcům charitativní organizace ADRA štědrý finanční příspěvek. Rádi bychom touto cestou poděkovali všem, kteří se na celé přípravě podíleli a zvlášť panu faráři Pokornému, který v tak krátkém čase ochotně akci profesionálně připravil.

彼はこのコンサートで日本古謡“さくら”をモチーフにした作品を演奏してくださったようです。そして、その収益を義援金として慈善団体ADRAに手渡してくださいました。有り難いことです。

マエストロ、シテパン・ラック!ありがとうございまっす。ますますあなたが好きになったよ!

Guitar of Stepan Rak

Guitar of Stepan Rakミュージック

アーティストS. Rak

発行Nimbus Records

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*