もっと歌おうぜっ!

器楽演奏で最も大事なことって何だろう?結論を先に書くと“歌わせること”だとオイラは思う。演奏技術は高いことに越したことはないけど、バリバリと弾くだけで歌心の無い演奏をされると非常に退屈でござんす。ギター以外の楽器の世界はあまり良くわからないのだけど、ギターという楽器はとかくテクニカルな部分に情熱を捧げ、表現、つまり歌わせるとか微妙なニュアンスを出すといったメンタルな部分が疎かになりがちな気がする・・・。

オイラは聴けなかったけど、過日開催された某ギターコンクールの本選でそれがハッキリと露呈してしまったらしい・・・。

本選課題曲がFrancisco Tárrega(フランシスコ・タレガW)の名作中の名作、“Recuerdos de la Alhambra(アランブラの想い出)”だったそう。

ギターを弾く方が一度は憧れるポピュラーな作品ですね。故にコンクールの課題曲に指定されることはあまりない作品であります。でも、誰もが知っている作品だけあってナメてかかるとシッペ返しを食らう恐い曲でもあります。

たまたまこのコンクールに足を運んだ耳の肥えたお客さんに聞いたんですが、本選出場者7名全員がこの課題曲に関しては全くダメな演奏だったとのこと。すなわち、“ブレスの全くない演奏”&“数カ所出てくる装飾音が弾けていない”のだそうです。

アルハンブラの想い出1 アルハンブラの想い出2

歌を歌う場合にブレスをしないなんてことはありえませんよね。てゆーか、死んじゃいます・・・。器楽演奏でもブレス無しで一気に演奏されちゃうと聴いている方が息苦しくなってしまいます。

オイラはギターを練習する時やギターを持っていない時も、今練習している曲のメロディーを口ずさんだり歌ったりします。もちろん楽譜にはブレスの記号などのようなものは書いてありませんが、歌うことによって自然とブレス部分がわかります。そこをチェックしておけばいいわけね。

歌おう!とにかく歌いまくろう!ちなみにオイラは音痴です・・・。

【おまけ】
マエストロによる“アランブラの想い出”の演奏を堪能しませう。

Narciso Yepes(ナルシソ・イエペス)先生(テンポ早め)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


John Williams(ジョン・ウィリアムズ)先生(端正の極み)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


Pepe Romero(ぺぺ・ロメロ)先生(世界一のトレモロ)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*