音楽のDNA

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality


一昨日の夜、テレビで緊急地震速報のチャイム音が鳴って緊張した方も多かろう。あのちょっとディミニッシュ(減七の和音W)的な響きを持つチャイム音を聞くと、寝っ転がってぼけぇ~っとしていてもシャキーンと覚醒してまう。緊張はするけど不安感は煽らない、けど緊急を促す素晴らしいチャイム音だと思う。

これを作曲した方はテレビでも報道されていたのでご存じの方もいらっしゃるだろう。日本を代表する作曲家であり、あの“ゴジラのテーマ”の作曲者として世界的に有名な伊福部昭W先生の甥であり、東京大学・先端科学技術研究センターで教授を務める工学者、伊福部達先生の手によるものである。

2009年11月2日、東京大学・先端科学技術研究センターの経営戦略企画室ブログにこう書かれておる。

それこそゴジラの音楽をヒントに、人々を不安にさせないように警戒させまた安全に導く音をさまざま考案して決定されたのが、少し前に流されたあの音。太古の昔から、人間が生き物として持っていた本能に直結する脳の深部で聴く音、音楽の意味をあらためて考えるきっかけを与えてもらいました。

なるほどぉ。あのチャイム音にはこんな秘密があったのかぁ。

“ゴジラのテーマ”の印象的なフレーズも原初的なリズムとメロディーがとても印象的で、一度聞くと忘れられんもんなぁ。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

音楽のDNAがこんな形で繋がっていたとは・・・。実に興味深い。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*