アーカイブ : 2011年 6月

珈琲(カヒぢゃなくコーヒーと読む)

ちなみに“菲菲”“フィーフィー”と読む。もしくは“ラヴ・イズ・オーヴァー”とも読む。んなことどうでも良い。世界中で愛飲されている飲み物といったらコーヒーであろう。タバコとコーヒーは最強タッグであるし、喫煙者のオイラも当然だぁ~い好きである。本物のコーヒー好きの方は缶コーヒーは飲まないと思うけど、オイラは飲む。牛飲する。
続きを読む

はい、リピート・アフター・ミー→“セヴン・ハンドレッド”→イエス!グッジョブっ!

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也

松尾芭蕉~「奥の細道」より

続きを読む

嬉しいけど嬉しくない・・・でも、これも時代の流れなんだよなぁ的な話

以前、お気に入りのギタリストの一人としてブラジルのMarco Pereira(マルコ・ペレイラ)のことを書いたことがござる。(ここ)で、彼の“Crisital”というタイトルの新譜が発売されたので曲をチェックしてみると、これが素晴らしい内容なのである。しかも、CDに準拠した楽譜も発売されたとのことなので、彼にメールでコンタクトをとってみた。
続きを読む

ヴァイタミンツェー補給完了

タバコを吸うとものすごい勢いでヴァイタミンツェーが欠乏しやがる。あぁ、ヴァイタミンツェーとはビタミンCのことあるよ。覚えておくよろし。で、手っ取り早く“レモンの力でいきいきと”したくなるわけね。体にポッカり穴が開いちまったらやっぱりポッカレモンぢゃぁ。でも、ポッカレモンは牛飲するには度胸がいる。となれば、やっぱりこれだろう。ポッカコーポレーション謹製“キレートレモン”ですけぇ。
続きを読む

聴いて、知って、楽しみたまえっ!

常田富士男Wさん風に) むかぁ~し、むかしのことぢゃったぁ。一人の彷徨える旅人が、乾季を迎えたナイル川の畔に辿り着いたそうぢゃ。そこに一匹の亀の死骸が横たわっておったそうな。肉は腐ってなくなり、甲羅とその間に残った筋だけが残っておったそうぢゃ。旅人は何気なくその筋を指で弾いてみたそうな。すると、何とも言えない美しい音が鳴るではないか。感動した旅人はこう叫んだそうぢゃ。
続きを読む

ナイトメアPart10~かたつむりの逆襲

あぁ~ジメジメするのぉ。ジメジメと言えば“かたつむり”。漢字で書くと“蝸牛”。実はかたつむりは嫌いではない。むしろ愛でる方だ。だが昔、愛読している“パセオフラメンコ”のグラビアに市場で売られている食用かたつむりの写真が掲載されていて度肝を抜かれたことがありんす。半端ぢゃねぇんだわ、その量が・・・。てんこ盛りなんだわこれが・・・。もちろんみんな生きているのさ・・・。で、ここから先はかたつむり嫌いの方はスルーされることをお勧めする。
続きを読む

三月経って・・・

東日本大震災から三月経ちましたね。復興の兆しを感じつつも、どうにもモヤモヤするのはなぜか。正直に言えば政治のゴタゴタが最大の要因であることは疑いないわけで、当初はそんな政治家先生どもの無能っぷりに怒りを感じていたのに、なんだか時を経るにつれてそんな気持ちが麻痺しつつある心情に一抹の不安を感じる今日この頃。こんなことぢゃイカンな・・・。
続きを読む

小町と呼ばれた祖母はお嬢様だった?

父親の故郷が茨城県であることはこれまでも何度か書いた。なので、今回は母親の故郷である山形県(酒田市出身)にまつわる話を書こう。ちょっと話がズレるけど、父方&母方の親戚、親類、親族(これってどういう区分けなのかね?)の中で楽器をやっている人間は一人もいない。信じられぬことにオイラ一人だけなのである・・・。もう一人二人くらいいても不思議じゃないんだけどなぁ・・・。だけど、かつて一人いたのだ。それが山形の祖母である。
続きを読む

ギターバトン

アカン・・・。ブログの下書きの推敲が全く出来んかった・・・。今日は一日中客足が絶えずフル稼働であった・・・。大疲労ぢゃ・・・。困った・・・。やべぇ、もうすぐ日が変わっちまう。こんなことなら、昨夜の内に推敲を済ませて予約投稿にしとくんだった。こんなことで毎日更新の記録を終わらせるのは悔しい。しょうがねぇ。こうなったらマジ兄のブログをパクってバトンをやろう。やっぱりまずはギターだろうっ!
続きを読む

至高の納豆

こんにちはぁ、海原雄山ですぅ!(キモっ!)さて、震災直後の一時期、スーパーから納豆が消えてしまい、納豆大好きなオイラにとっては死活問題でありんした。あれだけ長い期間納豆を食べなかったのは自分史上初。だもんで、株式会社丸美屋謹製の“にゃっとう”をゲット出来たときは泣いた。ブログやTwitterでこの納豆ネタを書いたら我がアミーゴ、せいよう先生が素敵な納豆のご情報を提供下さり、尚且つ昨日、オイラにその納豆を送って下さりんした。(号泣)それは・・・。
続きを読む