至高の納豆

こんにちはぁ、海原雄山ですぅ!(キモっ!)さて、震災直後の一時期、スーパーから納豆が消えてしまい、納豆大好きなオイラにとっては死活問題でありんした。あれだけ長い期間納豆を食べなかったのは自分史上初。だもんで、株式会社丸美屋謹製の“にゃっとう”をゲット出来たときは泣いた。ブログやTwitterでこの納豆ネタを書いたら我がアミーゴ、せいよう先生が素敵な納豆のご情報を提供下さり、尚且つ昨日、オイラにその納豆を送って下さりんした。(号泣)それは・・・。

杉本納豆店謹製、

“たわら納豆”

たわら納豆

ぢゃあ。(また、ボケボケになってしもた・・・)昔ながらの藁を使用した手作り納豆ぢゃけぇ。

見よっ!この藁に包まれた雄姿をっ!もうね、開封した途端に芳醇な藁の香りが鼻孔を擽りまくりやがるぜコンチキショーっ!。(ジュルっ!)

厳かに封を解き、納豆鉢にイン。オイラが一番好きな小粒の納豆ざんす。まずはその状態で一口いただく。

“おぉっ!”

次に付属のタレと辛子をイン&右に17回、左に17回かき混ぜる。なぜ17回づつかって?これが俺様の流儀だからさっ!そして、一口いただく。

“おぉぉぉっ!”

残りを炊きたての白飯にぶっかけて一口。

“うんまぁ~~~いっ!おかわりぃ~~~っ!”

一気にどんぶり飯を平らげてしまい、もう一つ開封して更にどんぶり飯を喰らってしまった・・・。

結局昨日の夕食は“納豆ご飯”だけで終了・・・。

お世辞でも何でもなく、これまで食べた納豆の中で最高、そして至高の納豆でござった。深い味わいと香りが他の納豆とは一線を画しておりんす。これぞ“ジズ・イズ・納豆”っ!日本人に生まれて本当に良かったぁ。

せいよう先生、杉本納豆店様。ゴチになりやした。土下寝で感謝申し上げまんするす。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*