アーカイブ : 2011年 7月

補助輪無し自転車初チャレンジ選手権

補助輪無しの自転車にチャレンジしたのは幼稚園の年長さんか、小学1年生の時だったと思う。近所に住んでいたお兄ちゃんに教えてもらった記憶がある。初めは片輪だけ外してもらいバランス感覚を大まかに習得。で、いよいよもう片輪を外していざチャレンジっ!とはいかず、取りあえずお兄ちゃんに後ろから補助してもらってしばらく練習。皆さんもご経験があろうかと思うが、最初はフラフラしよるな。でもその内、だんだん車体が安定してくる。その頃合いを見計らったお兄ちゃんはフッと補助していた手を離した。さて、どうなったか?
続きを読む

5セントの誘惑

“1円を笑う者は1円に泣く”という。1セントは約1円。5セントは約5円ということになる。つまり、5円を笑うと大号泣することになるので気をつけよう!っていう話ではなく、セントはセントでもセント (音楽)Wのことでありんす。イギリスの作曲家、Jonathan Harvey(ジョナサン・ハーヴェイW)のギター作品に“Sufi Dance(スーフィー・ダンス)”という作品がございます。ちなみにスーフィー・ダンスというのは、イスラム神秘主義由来の旋回舞曲ざます。
続きを読む

恥知らず野郎に復讐するの巻

電車内で携帯に没頭している奴らや、化粧をしているうら若き乙女どもを見るとオレは我慢ならねぇんだ。(これについては以前書いた。ここここ)あ~、あとシャカシャカ音漏れ野郎も許せぬ。ウッセーぞゴルァっ!通常は堪忍袋の緒を切ることがないようにグッと堪えるがよぉ、そろそろ我慢の限界なんだよコノヤローっ!で、今日も今日とて素晴らしくナイスな恥知らず野郎がいやがってよぉ、切れかけた緒を必死に修復しつつ野郎の動向を見守ったんだよバカヤローっ!
続きを読む

凹むくらい苦手なものについてPart.2

以前、苦手なものの一つとして“サメのエラ”について書いたのだけど、実はもう一つあるのね。それは“丸い集合体”。これも原因は今もって不明・・・。でも、魚卵や虫の卵なんかは平気なんだよなぁ。いわゆるドット柄、それもドットが小さければ小さいほど気持ち悪いという訳わからん状態なのね・・・。
続きを読む

Translation(翻訳)

翻訳ソフトって使ったことがないけど、無料翻訳サイトとかで“英語→日本語”に訳してみるとかなり日本語が面白いことになって抱腹絶倒っ!いや、実際難しいと思う。本来、翻訳ソフトは高価なものであるし、使い込むことによって精度を高めていく類のソフトですからね。で、話は戻ってここ最近Google翻訳で遊んじょる。とにかく訳せる言語が多くてナイス!
続きを読む

海を見ていた午後~3番:Savor

さて、昨日は“蔦屋敷”に度肝を抜かれた後、またまた目的のない散歩に。で、またまた西船橋から京葉線に乗り、今まで降りたことのない駅で下車。そこは“新習志野駅”である。写真を撮るのを忘れちまったんだが、駅前(海側)のデカさにビビる・・・。暑い・・・。せっかくなので海を眺めようと潮の香りに鼻をヒクヒクさせつつ南下。千葉工業大学芝園校舎を左手に望みつつ歩くと途中に橋がある。もう海は目の前でありんす。
続きを読む

Ivy residence

夏らしい暑さが戻り、また熱帯夜を汗まみれで過ごさなければならぬのかとブルーになっていたが、明け方近くは結構涼しくて、窓を全開にして寝るとかなりぐっすり眠れる。しかし、今朝は快適な状態で覚醒したものの何か妙な感覚に身体が支配されていた。不安というか、そこはかとない恐れというか、まるで誰かに監視されているような気持ちの悪さを感じるのだ・・・。
続きを読む

ナイトメアPart11~出口のない立方体

ふと目を覚ますとそこは自分の部屋ではなく、天井~床~四方の6箇所に扉がある完全なる立方体の部屋の中であり、脱出すべくひとつの扉を開くとそこもまた立方体の部屋であり、別の扉を開くとやはり立方体の部屋であり、徐に一歩中へ入るとどこからともなく火炎が放射される・・・。どうやらトラップが仕掛けられているようだ・・・。さぁ、あなたならどうする?
続きを読む

“ちゃっこーな”、“ちゃこーな”、もしくは“しゃこんぬ”・・・。まぁ、どれでもええがな

何度も書いちょるけど、オイラはフラメンコ人なのでギター演奏の9割以上はフラメンコでありクラシックはほとんど弾かぬ。でも、聴くのは大好きだ。で、J.S.バッハは大好きな作曲家の一人である。なぜなら、バッハの音楽からはフラメンコで言うところの“ドゥエンデ”をビシバシ感じてしまうから。名作が多すぎてどれか一曲を選べて問われると困るのだけど、個人的にはやっぱり“シャコンヌ”だなぁ。
続きを読む

言い訳

ブログを始めて丸2年を経過し、当初は自分でも全く予想出来なかった“毎日更新”を実現してしまった。振り返ってみればその殆どが糞の役にも立たない記事ばかりであり、そう思った途端にヤル気というか熱が一気に冷めてしまったのも事実であり、且亦、元来アマノジャク気質なわたくしでございまするので、「いっそのことやめちまうか?」とか「今後は気ままに更新するか?」とちょっと本気で考えてしまった・・・。
続きを読む