溶解ギター

“早くギターになりたいっ!”

さて(滝汗)、昨日Twitterでもつぶやいたのだけど、この夏の暑さでバラバラに分解してしまったギターの事を書きました。今日、その写真をTwitterにあげたのだけど、いやはや本当にクリビツテンギョウ。うちの社長も修理先の職人さんもこんな経験は初めてとのこと。当然オイラも初めてでありんす。落下事故によりバラバラになってしまうケースはありんすが、ケースに保管した自然な状態でバラバラになることは普通考えられませぬ。

熱でクラッシュしたギター

写真では一応楽器の体をなしていますが、本当はバラバラです。フレットボード(指板)も綺麗に剥がれています。ギターの接着には通常膠をメインに使用し、製作家によっては木工用ボンドも併用します。

修理先の職人さんによると、この楽器はオール膠で非常に丁寧に接着されているとのことでした。では、なぜバラバラになってしまったのか?

昨日のつぶやきでは車のトランクに収納しっぱなしと書いてしまったのですが、本当はトランクではなく部屋の中だったらしい・・・。ありえへん・・・。

楽器所有者の方は1週間ほど出張で家を空け、帰宅後ケースを開けたらバラバラになっていたそうです。その間部屋の中が熱で密閉された状態になってしまったようです。

でも、それだけで果たしてギターはバラバラになってしまうものだろうか?

実は膠は60℃で水のように溶解してしまいます。60℃というと高温に思われるでしょうが、例えば、真夏の直射日光がギターケースに当たり続けると約5分でケース内が60℃になってしまいます。

すぐにどうこうなることはないのですが、恒常的にこのような状態が続くと膠が溶けてバラバラになる可能性はあります。今までの経験では、ブリッジ部分の膠が溶けてぶっ飛んでしまった例は数多く見ています。

また今回は楽器所有者の方の住宅環境も災いしてしまったのかもしれませぬ。日本の某島にお住まいのため、この時期に除湿を怠ると部屋の湿度が80%~90%になってしまうのだそうです。湿度も楽器の天敵の一つであり、たまさか酷暑により室温も異常に高くなってしまい今回のようなアクシデントが起こってしまったのでしょう。

良い楽器を所有されている方、十分にお気をつけなされよ。あっ、そうそう。よく押入れに楽器をしまいこむ方がいらっしゃるのですが、押入れも大変危険ですよ。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

コメントをお待ちしております

*

2011年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (140)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし