不条理な情景Part5~UMA(未確認動物)との遭遇

この間、仕事で都内某所へ車を走らせていると、前方を走る車がいきなり右折しやがった。で、オイラはほとんど反射的に「ウインカー出せや、ヴォケッ!」と罵倒したんだけど、その瞬間、記憶の奥底に封印していたある記憶がありありと蘇ったのだった。不条理シリーズはこれまで4回も書いたのだけど、なんでこのことを思い出さなかったのだろうか?よっぽど忘れたい出来事だったのかもしれぬ・・・。

某年某月、その日休日だったオイラはいつものようにブラブラと街を徘徊していた。ちなみにオイラは今でも特に目的地を決めずに歩くのが好きである。

ひとしきり散歩をし、スタバで一服した後向かったのは浅草雷門であった。ここはいつ来ても人で一杯だね。

雷門を潜り仲見世をぶらりぶらりと歩きつつ本堂に向かう途中、なんの気なしに目に入った某土産物屋を冷やかそうと思い右に曲がった時である。いきなり後ろから、

“ちょっとぉ、曲がる時はウインカー出しなさいよっ!”

と怒鳴られた。セリフ的には女性言葉なんだけど明らかにオヤジの声で・・・。

“えっ?”

振り返るとそこにUMA(未確認動物)が立っていたのであった。

“夜の蝶”というより“夜の蛾”っていう感じのドギツイ厚化粧と、それは一体どこに売っているの?っていうくらい禍々しいド派手なラメ入りドレスに身を包み、尚且つその犯罪スレスレの顔面をより邪悪に彩っていたのが巨大な付け睫毛だった。

瞬きをすると“バサバサ”というより“ブァサブァサ”って音がしそうだし、激しく瞬くとそのまま空を飛んでいくんぢゃねぇか?ってくらい凄まじかった・・・。

すっかり毒気を抜かれたオイラは思わず“す、すみませんでした・・・”と言うしかなかった。するとそのオジさん≒オバさんが、

“あらアンタいい男ぢゃなぁい。あたしとお茶しなぁい?”

と強引に手を取るのであった。仲見世を歩く人々が関わりを避けるようにオイラたちの周りから消え、そこだけ無風の真空地帯に変貌。

もちろん丁重にお断りして、なんとかその場を這々の体で離脱したことは言うまでもない。

あぁ・・・。そうだった・・・。なぜかオイラは昔っからこの手の方々に妙にモテるのである・・・。参った・・・。この記憶はすぐさま封印せねば・・・。

それにしても歩きながらどうやってウインカーを出せばいいのか?曲がる方向にいちいち“曲がりまぁす”と宣言しなければいけないのだろうか?

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

コメントをお待ちしております

*

2011年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (138)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし