アーカイブ : 2011年 8月 6日

一億の祈り~鎮魂

“祈る”という行為は人間に許された最も美しい行動だと思う。そこには宗教などは介在しなくても良い。自然の恵みに感謝し、人を思いやり、礼を尽くし、平和を希い、亡くなった方を悼む。様々な場面で祈ることが出来る。祈るということを忘れた人間は堕落するだけだ。66年前の8月6日、8月9日は言うまでもなく広島、長崎に原子爆弾が投下され多くの方が亡くなった。その折の放射能の影響で未だに苦しまれている方もいらっしゃる。
続きを読む