バージョンアップねぇ・・・

現在使用しているノートPCも使い始めて丸7年経った。OSはWindows XPでござんす。皆様ご存知のとおり、2007年にWindows Vistaがリリース、そして現在は2009年にリリースされたWindows 7が最新のバージョンでござんす。オイラは当然XPのままである。なぜなら、歴代Windows OSで最も安定しているからに他ならぬ。願わくはずっとこのOSを使い続けたいのだけど、それは難しいことでござんす。

今のところ問題なく使用出来ているけど、いつかは壊れるわけで・・・。目下のところ、右側のカシメ(蝶番)がブッ壊れてしまい、蓋を開けたり閉じたりする時に腫れ物を触るような慎重さを要求されている。

XPは昨年の10月に販売が完全に終了。まぁ、サポートはまだ継続されているので安心なんだけど、こちらもいずれ終了になるであろう。

さて、先日。オイラが最も頻繁に使用しているソフトであるSibeliusというノーテーションソフト(楽譜作成ソフト)の最新バージョンが発売になりやした。オイラが使用しているのは6というバージョンで、最新バージョンは7。

バージョンアップ内容をチェックしてみると、それほど心揺さぶられるものではなかったのでバージョンアップはしない予定でありんす。てゆーか、しようと思っても出来んのだわ。なぜなら、Sibelius 7のコンピューター要件が“Windows Vista SP2とPlatform Update Pack以降、Windows 7 SP1以降”となっており、

“XPはもはや対象外・・・”

まぁ、しょうがないやねぇ。

なんか嫌な予感がするわけですよ。こういうことを考え始めるといきなりPCがブッ壊れたりするわけなんですよ。前回もそうだったのよ。元の環境に戻すまでもの凄ぇ時間がかかったわけなのよ。

というわけで、万が一の時に備えて大事なモノをバックアップしている今日この頃なんざんす。でも、XPラブなんだよなぁ・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*