九死に一生ハプニング~プール編

毎年この時期になると残念ながら水難事故のニュースが絶えない。水は怖い・・・。水泳が達者な者でも、そのシチュエーションによっては容易に溺れることはままある。皆様も十二分にお気をつけなさんし。水をナメてはイカンぜよっ!さて、オイラが子供の頃、水恐怖症だったことは以前書きやした。(ここ)で、そんなことでは将来まずかろうということで水泳教室に通うことになったわけだけど、それから1年後の小学校3年の時にプールで溺れた・・・。

と言っても学校のプールではない。

その昔、現在の東京ドームが立っている場所には元競輪場があり、外観はそのままにプールに作り変えられて夏場は多くの人々が集ったものだ。長大な流れるプールがぐるりを取り巻き、ど真ん中には50mプールがあった。

夏休みになるとご近所さんと一緒によく出かけたものである。水泳を始めて1年ちょっと経っていたので、既にオイラの水恐怖症は克服されていた。どころか、クロールと平泳ぎは既にマスターしていたので嬉々として楽しんでいた。

で、ひとしきり流れるプールを堪能してプールから出ると、50mプールの方から一緒に来ていた近所のお兄ちゃんが、

“お~い、○ちゃん!こっちのプールで遊ぼうぜっ!”

と呼ばわるので助走をつけて思いっきり飛び込んだ。が、浮上しようとプールの底面を蹴ろうとしたら・・・。

“底がない・・・。”

実はその50mプールは浅い部分から徐々に深くなっている構造になっていたのだった。当時のオイラの身長では完全に頭まで水没する深さであった。

冷静に考えれば、たとえ足がつかなくてもすぐに浮上出来たはずなんだけど、完全にパニクってしまったオイラはプールの水をガブガブと飲み、呼吸出来ぬ恐怖に頭が真っ白になってしまった・・・。

すぐにお兄ちゃんが気がついてくれたので事無きを得たんだけど、プールから這々の体で上がったオイラは取りあえず号泣。その後、2時間ほどブルブル震えていた・・・。

この時のことは今でも鮮明に覚えており、思い出すたびあの恐怖を思い出す。

プールでさえこんな事になるのだから、河川や海で同様の事を体験したら完全に溺れていたと思う。怖い・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*