ケース運び人

プライベートでは吉田カバン“PORTERシリーズ”を愛用しているオイラでございますが、今日はその話ではありやせん。以上。ここ近年、ギターのケースは軽量で堅牢なものが流行っております。発泡材を使ったものや、カーボンを使ったもの、新素材を使ったものなど百花繚乱状態。で、その多くがリュックのように背負えるタイプなのね。

昔のケースはショルダーベルトで肩がけするのが一般的であります。これはこれで問題はあまり無いのだけど、難点としては片方の手がふさがってしまうことと、肩が凝るっていう点ね。オイラはどちらかというと現在の流行に反して重いケースが好み。筋トレも兼ねられるので一石二鳥なんだけど、結構疲れる・・・。

もし手持ちのケースをリュックのように背負おうと思うと、ベルトを引っ掛ける環座を3点留めで付け直さないといかん。これはちょっと面倒・・・。さて、どうしよう?

“大丈夫だよ、のび太くん。テッテテー!<ケースポーター>”

ケースポーター

元々はイギリスのBackAxeというところから発売され、最近では日本のロッコーマン株式会社というところから新しいタイプのものが発売されておりまっす。

サイズもフリーで対応しているので、どんなタイプのケースでもOK!と、ここまで持ち上げていてオイラは使っていない・・・ってどうなの?(激汗)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*