アーカイブ : 2011年 9月 6日

電信柱に頭突きをくれる14歳 with 鼻血バージョン~愉悦を求めてアホを得る話

無謀なチャレンジには危険が付きものである。そして、それに成功すれば英雄と呼ばれ、失敗すればアホと呼ばれる。オイラはアホと呼ばれるのは嫌だし、痛い目に遭うのも可能な限り避けたいので無謀なチャレンジなどはしない。でも、子供の頃はみんなある意味アホなのであり、今思うとつまらないことにチャレンジしたがる傾向にあるわけで、それはオイラも例外ではなかった。
続きを読む