アーカイブ : 2011年 9月 25日

前立腺哀歌

2003年11月某日。当時まだ実家に住まっていたオイラは、翌日早朝出勤だったため早めに床に入り爆睡しておった。ウトウトし始めた午前1時頃、いきなり父親に叩き起こされる。「な、何?何事?」と起き上がると、苦悶の表情を浮かべた父親がこう言った。

“し、ションベンが出ねぇんだ・・・”

続きを読む