アーカイブ : 2011年 10月 12日

エブリシング・イズ・イルミネイテッド

大学時代、小説というと海外作家の作品ばかりを読んでいた。国内作家の小説は全くと言っていいほど読んでいない。理由は今もってよくわからんのだけど、多分カッコつけたかったのかもしれん。で、社会人になってから何故か筒井康隆さんの作品にハマり、その後、司馬遼太郎さんにハマりと国内作家の作品ばかりを読むようになってしまった。理由は今もってよくわからんのだけど、多分日本語によって書かれた小説は読んでいてシックリくるからかもしれん。
続きを読む