永劫の螺旋

なぜだか秋になると現代音楽を聴きたくなっちゃう。しかも、バリバリ前衛作品を・・・。なんなんだろうね?なので目下、Anton Webern(アントン・ヴェーベルンWKrzysztof Penderecki(クシシュトフ・ペンデレツキWHans Werner Henze(ハンス・ヴェルナー・ヘンツェWあたりの作品にどっぷり浸っておりまっす。

さて、ギターのための前衛作品でオイラが一番好きなのはキューバの大家、Leo Brouwer(レオ・ブローウェルW)が1971年に発表した“La Espiral Eterna(永劫の螺旋)”っていう作品ざんす。

クラシック・ギターを嗜む方ならブローウェルを知らない方はいないと思うのだけど、自身が優れたギタリストであり、指を痛めて以降は作曲家として活躍。現在も精力的に作曲活動を行なっているね。

ちょうど、1960年~1970年は前衛音楽花盛りの時代であり、ブローウェルもこの時期に重要な前衛作品を幾つか残しました。

“永劫の螺旋”はイギリスの数学者、自然科学者として名高いGerald James Whitrow(ジェラルド・ジェームズ・ウィットロウ)の著作“The Structure of the Universe(宇宙の構造)”の一節、


かの名高い螺旋の構造が始めて宇宙に現れた。組織されたこの世界で、自然の法則により惜しげもなく費やされながら。

に触発されて電子音楽のために作曲されたもので、それをブローウェル自身がギターソロに直したものだそうです。いずれにしろ、20世紀中に書かれたギターのための前衛作品の中でオイラは最高傑作だと思うちょる。

永劫の螺旋1 楽譜冒頭

ブローウェル本人の演奏。(音声のみ)

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

アフガニスタン出身のギタリスト、Khalid Arman(カリッド・アルマン)による演奏。

This video is embedded in high quality. To watch the video in standard quality (because of the internet connectivity) use the following link: Watch the video in normal quality

ええなぁ・・・。最高っす!

難曲ではあるけど、極端に難しくないところも良いっ!まぁオイラは滅多に弾くことはないけど、たまにはフラメンコ以外の曲を覚えるのもいいかもしれんな。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

コメントをお待ちしております

*

2011年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (138)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし