アーカイブ : 2011年 10月

季節の変わり目は・・・危うい

なんか前にも書いたような気がするのだけど、季節の変わり目はどうもいかん。暑さには滅法弱いので、今日ぐらいの涼しさは一番ベストではあるのだけど、急激な気温の変化に対して最初は鈍感に反応する我が体質は時として倦怠感や風邪を引き起こす。どうも昨日あたりから頭が重く、今日に至ってなんだか気管支に妙な違和感とともに軽い咳が伴う。
続きを読む

オイラとしたことが、こいつに覚醒してしまうとは・・・

麺類好きですか?オイラは大好きでありまっす。順番を付けると“蕎麦”、“焼きそば”、“スパゲティ”、“ラーメン”、“うどん”でありんす。が、実際に食する比率で言うと“蕎麦”が8割、残り2割が“焼きソバ”と“スパゲティ”であり、意外にも“ラーメン”と“うどん”は年に1回食べればいい方かも知れぬ。なんで?と聞かれても困る。ただ、圧倒的に“蕎麦”が好きとしか言えぬぞよ。
続きを読む

下隣前~外食が嫌い、と言うより苦手・・・

この話を親、兄弟、友人、会社の同僚、取引先の営業マンなど、いわゆる他人にすると十中八九“何で?”と問い返される。問い返されても答えに窮する・・・。オイラにも確たる理由はわからん・・・。でも、苦手なものは苦手だ。それは外食である。より正確に言えば“一人で外食すること”である。唯一の例外は、このブログでも度々登場する“小諸そば”だけである。小諸そばに限らず、立ち食いそばはOKである。
続きを読む

効用的弛緩靴下

今日は公休。と言っても、一日部屋にこもっていることができないオイラは“ちい散歩”を鑑賞後外出。秋晴れの気持ちいい天気ではありましたが、予報によると東京地方は最高気温が25℃になるということなので半袖で出掛ける。ちょっと歩きたいなと思い両国駅で途中下車。そのまま秋葉原方面に向けて歩き出した。両国橋を渡り、そのまま靖国通りを歩いていると、某所で女子高生と思しきやたらスタイルのいいお嬢さんを発見。そして、彼女が着用しているある部分に目を奪われた。それは・・・。
続きを読む

111

只今の気温、29℃でっす。10月半ばなのに夏日・・・。せっかく夏物の服を整理して収納したのに取り出す羽目に。暑いわ・・・。午前中にちょっと額の大きいギターが売れて、かな~り気分良くいつものファミリーマートへ昼食を買いに出る。で、今日のタイトルから皆さんご察しのことと思わるるが、連番大好きなLuziaさん、本日は“111”をゲッツなりよ!
続きを読む

これは何かの罠か???

うちのお店のすぐ側にある清涼飲料水の自動販売機はたまにトラブル。と言っても実に歓迎すべきトラブルである。先日、¥120を投入したら、なぜか¥910のお釣りが出てきた。もちろん、ありがたくいただいた・・・。それ以前にも、お釣りは無いはずなのになぜか過分なお釣りが吐き出されることが何度かあった。なんともユーザーに優しい自動販売機である。
続きを読む

永劫の螺旋

なぜだか秋になると現代音楽を聴きたくなっちゃう。しかも、バリバリ前衛作品を・・・。なんなんだろうね?なので目下、Anton Webern(アントン・ヴェーベルンWKrzysztof Penderecki(クシシュトフ・ペンデレツキWHans Werner Henze(ハンス・ヴェルナー・ヘンツェWあたりの作品にどっぷり浸っておりまっす。
続きを読む

Appreciation of the yen against the dollar

Jinro 外為の図

続きを読む

エブリシング・イズ・イルミネイテッド

大学時代、小説というと海外作家の作品ばかりを読んでいた。国内作家の小説は全くと言っていいほど読んでいない。理由は今もってよくわからんのだけど、多分カッコつけたかったのかもしれん。で、社会人になってから何故か筒井康隆さんの作品にハマり、その後、司馬遼太郎さんにハマりと国内作家の作品ばかりを読むようになってしまった。理由は今もってよくわからんのだけど、多分日本語によって書かれた小説は読んでいてシックリくるからかもしれん。
続きを読む

カキフリャー・イン・ラブ

東日本大震災から今日でちょうど7ヶ月。あっという間に過ぎ去ってしまったけど、まだまだその爪痕は癒えていないのが現状でございます。さて、めっきり秋めいて来ましたが、この時期の個人的な楽しみは“牡蠣”でございます。オイラ大好きなんです。生食よりも“カキフライ”が大好物なんですが、皆様御存知のとおり三陸産の牡蠣は津波の影響で高騰。ならば広島産はどうかというと、こちらは夏の猛暑の影響でやはり高騰。残念・・・。
続きを読む