Appreciation of the yen against the dollar

Jinro 外為の図


まぁ、要するに“円高ドル安”っていうことっす。

オイラの基本的なお仕事は楽譜の管理でござる。クラシック・ギター以外に古楽器関係の楽譜の発注やらをしているのね。で、輸入楽譜はほぼ9割は出版社に直接注文しておりんす。

アメリカ、カナダ、ブラジル、アルゼンチン、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス、オランダ、ハンガリーなどほぼ世界各国にわたるわけぢゃけんど、価格設定は為替変動性[1]を用いているので外為の状況を常に把握しておかねばなりませぬ。

リアルタイムな為替変動を見たいので、“外為モン(外為モニター) ”っていうフリーソフトを常駐させちょる。それがトップの画像。

14時43分現在、ドルが¥77円、ユーロが¥106・・・。ユーロは多少持ち直しているけど、以前に比べたらかなり安い。一頃のドルと同じ位だもの。オイラのように輸入する側にとっては有難くはあるけど、経済全体の先行きのことを考えると素直には喜べないわけで・・・。

人間にとって音楽は欠かせないものではあるけど、ぶっちゃけ楽器は絶対必要なものではないのね。楽譜も然り。尚且つ、楽器店は言わば“平和産業”なので、世の中が経済も含めて良い状態ぢゃないと煽りを食っちまうわけでござる。

欧米諸国の経済状況は今後どのようになるのか全くわかりませぬ。日本もそうでんな。辛いのぉ・・・。

  1. 円安の時は定価は高くなり、円高になれば当然安くなりやす。したがって、前回は¥1,000だった楽譜が¥1,500になっちゃったり、¥700になっちゃりするのねん。国内の某大規模有名店は為替固定性を用いていて、かなり高い額をはじめから設定しているらしい・・・。多くは語れぬが・・・。 [戻る]

この記事をシェアする

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

  1. ユーロがペセタから変わったときの最初のレートで116円だったと思います。
    それから上がりに上がって180円台まで行ったときはヒェ~と思ったけれど、その後乱高下を続けて今のレートですよね・・・。
    最後にスペインに行ったときの137円のユーロの使い残しが引き出しで眠っております。
    それに比べたら106円ってビックリだよね。眠りながら31円も安くなっちゃったのね。

    本日発売のアルカンヘルの新譜頼んじゃったから、個人的にはここ数日は円高でいてほしいのだけど・・・。身勝手なものですね。

  2. Luzia

    @Angelitaさん
    そうそう、ユーロが¥180台の時がありましたね。ギターの仕入れが大変だった・・・。

    なって欲しくはないけれど、また¥100を切るようなことも今後考えられます・・・。

*

2011年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2021 (76)
  • [+]2020 (200)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし