パコ師匠でもダメなのか・・・

クラシック・ギター専門誌“現代ギター”に現在連載されている、クラシック・ギタリスト手塚健旨先生による連載“ある風変わりなギター製作家の生涯”は大変面白い。さて、その風変わりなギター製作家とは、現代の名工として名高いArcangel Fernandez(アルカンヘル・フェルナンデス)でございます。フラメンコ・ギター弾きにとっても憧れのギター製作家でございます。

クラシック・ギター、フラメンコ・ギターを嗜む方ならご存知でしょうが、アルカンヘルは家具職人見習い→兵役終了後にフラメンコ・ギタリストに転身→ギター製作家に転身→名工として歴史に名を刻むという道を歩み、残念ながら今年引退されました。

アルカンヘルは歴史的名工Marcelo Barbero(マルセロ・バルベロ)の唯一のお弟子さんだそうです。ちなみにオイラが現在使用しているフラメンコ・ギターはManuel Caceres(マヌエル・カセレス)という製作家のものなんですが、マヌエルの師匠がアルカンヘルというのも奇縁でございます。

アルカンヘルの特に1960年代の作品は時を経ていることもあって音が素晴らしいです。凄みのある音とパワー、楽器全体がピリピリしまっす。

さて、今回が第3回目の連載なのですが、冒頭からいきなり興味深いタイトルが・・・。

“パコ・デ・ルシアの注文を断る”

パコ・マニアとしては興味津々であります。

手塚先生がある時、コルドバからマドリッドに向かう列車の中で偶然パコと出会ったのだそうです。で、その時、「もう何年も前からアルカンヘルにギターを注文しているんだけど、未だに出来上がらないんだ。半金を前払いしているのに・・・」という話になり、手塚さんからもアルカンヘルに言っておいてちょうだいということになったのだそうです。

パコはこのままパリに向かうため空港へ行き、手塚先生はその足でアルカンヘルの元に直行。早速パコからの伝言を伝えると、「半金と言っているのは、トランプで今のところ俺が負けている金額だ。次は俺が勝ってパコに借金を負わせてやる」と息巻いたそうです。

面白すぎるっ!

名誉欲というものを持たないアルカンヘルは、自身の作品を著名なギタリストに使ってもらおうという気が元々なかったそうです。Regino Sainz De La Maza(レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ)、Narciso Yepes(ナルシソ・イエペスW)、John Williams(ジョン・ウィリアムズ)、Jose Luiz Gonzales(ホセ・ルイス・ゴンサレス)、Pepe Romeroペペ・ロメロW)といった錚々たるギタリストたちの注文も断ってしまったそうです。

いいなぁ。オイラこういう人に媚びない頑固な方は結構好き。

でもなぁ、パコ師匠が弾くアルカンヘルの音を聞いてみたかったなぁ。

この記事をシェアする

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

  1. アルカンヘルはアルカンヘルでもギター製作家なんですね。
    なんだか江戸ッ子の職人さんみたいで粋な人のようですね。

    ところでうちのスペイン語学校(Cervantes)の「DUENDE」というイベントで12月2日にパコ師匠の映画を上映するようですよ。
    映画といっても多分あのDVDと同じ内容みたい。
    でも大きい画面で観られます。同じ日には映画上映をはさんでトークと池川兄弟というフラメンコギタリスト(知ってる?)のコンサートがあるそう。
    ねーさんは予約しました。Luzia君もよかったら行ってみれば~?(シゴトだよね。)
    情報はこちらです。→ http://palabras.jp/duende/?page_id=21

  2. Luzia

    @Angelitaさん
    オイラはアルカンヘルというとまず製作家のアルカンヘルを思い浮かべてしまいます・・・。

    12月2日かぁ。ガチで仕事です。未見の映像だったら会社休んじまうんだけど・・・。

    >池川兄弟というフラメンコギタリスト
    ふ、ふふ・・・。(謎)

  3. ん?その謎の笑いはどういう意味だろう・・??
    気になる・・・。
    「ふ」の配置から言って期待できないってカンジ??

  4. Luzia

    @Angelitaさん
    いやいや、そういう訳ではございませぬ。

    沖仁君は最近聴きますが、やっぱりオイラは本場のギタリスタの演奏には到底外国人はかなわないのだという思い込みが相当強く、そういった観点から・・・。(フェイドオフ) ←ずるいっ!

  5. 明けましておめでとうございます!古い記事にコメント失礼しますm(_ _)mフラメンコギターのカセレスを検索して此処へ辿り着来ました。カセレスを所持されているとはさすがですね!フラメンコギター本体ネタもまたいつかよろしくお願いします。

  6. Luzia

    @アルパコさん
    謹んで新年のお祝辞を申し上げます。

    マヌエル・カセレスはアルカンヘル・フェルナンデスのお弟子さんということもあって、アルカンヘルそっくりな音で気に入っていまっす。1997年のものなので丸19年経ちましたが、良い感じに音が育っておりまっす。

*

2011年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2021 (76)
  • [+]2020 (200)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし