アーカイブ : 2012年 2月

Earthquake Early Warning

ここ最近、iPodで好きな音楽を聴きながら寝る癖がついちまって朝起きると耳が痛い・・・。やめなきゃ・・・。昨日はAgustín Barrios(アグスティン・バリオスW)の自作自演集を聴きながら(聴いたことがあることはわかるでしょうが、SP原盤の保存状態が悪くて音質は最悪である。でも、素晴らしい演奏である)いつの間にか眠っちまった。で、昨夜は寝ているうちにイヤホンが耳から外れていたようで、突如鳴り響いた不快音で覚醒・・・。
続きを読む

History of earthquake

東日本大震災からもうすぐ1年経ちますね。それに伴いつい先日、首都圏直下型地震の予測が震度6強から震度7に引き上げられたことは皆様御存知のとおり。今日の茨城北部で震度4の地震があったり、これまでにも小さな震度ではあるけど慣れきってしまうほど余震を感じている方も多いでありましょう。日本は古くから地震大国と言われその歴史において何度も大地震に見舞われております。参考までにWikipediaの“地震の年表 (日本)W”をご覧なされよ。
続きを読む

地域密着型

“AKB48”は最早、地域密着型アイドルと言うよりは全日本的アイドルになってしまたわけで、それに続けとばかりに“乃木坂46”など新たな地域密着型アイドルが雨後のタケノコの如く出現しているのだけどオヂさんにはよくわからん・・・。今日、たまに利用するスーパーに寄ったらあるポスターが店内に貼ってあってクリビツ。へ、へぇ・・・。我が江戸川区にも地域密着型アイドルがいたのね・・・。それは、
続きを読む

♪ 貴様の罪は俺が罰する 俺は地獄からの使者 貴様の尻を八つ裂きじゃー

先日、某社楽譜担当のFさん(♀)から「いつもお世話になっているお礼にプレゼントを送りましたぁ」という電話があった。「いやいや。お世話になっているのはこちらの方であり、そんなに気を遣わなくてもいいのにぃ」と思いつつ楽しみにしちょった。で、数日後にブツが届いた。早速開封すると・・・。
続きを読む

路上を闊歩する歌姫(?)

世の中にはカッコよく言えば“エキセントリック”、カッコ悪く言えば“変人”、今風に言えば“電波”ってる人が結構いる(みたい)。先日、仕事の合間に缶コーヒーを買いに行く途中でエキセントリックなお姉ちゃんに出会った。iPod(たぶん)で音楽を聴きながら闊歩する様はどう見ても今時のお姉ちゃんであり、ちょっと可愛くもあり、なかなかのお洒落さんであった。が・・・。
続きを読む

爪部屋

フィンガーピッカー(指でギターを弾く人のことね。念のため)にとって爪はとても大事なものでございます。日本人の爪は欧米の方に比べると爪の厚さが薄く脆いらしい。実際、プロの日本人ギタリストで爪に悩んでいる方は想像以上に多かったりするんするす。で、オイラはどうかというとすんげぇ丈夫。もともと爪の長さは極力短めにしているので欠損したり、ヒビ割れに見舞われることもほとんど無いっす。
続きを読む

バンドファイル

オイラは基本的にギターを弾く時は楽譜は見ないっす。暗譜して演奏するのが理想的であるし、フラメンコ・ギターの場合は採譜された曲をそのまま弾くことはないので(オイラは・・・)必要ないっす。でも、クラシックを弾く時は音を変えちゃうとマズイので完全に暗譜するよ。でも、アンサンブルをする時は読譜をしながらの演奏が必要な時もあるね。
続きを読む

多首六絃琴

言うまでもなくギターはネックが1本であり、弦は6本であるのが基本であり、ただでさえギターは演奏が難しいのであり、それが多弦(10弦とか、11弦とか)になると更に演奏が難しくなるわけであり、ダブルネックだとかトリプルネックとかになると支離滅裂ってゆーか、マトモに演奏することよりもパフォーマンスとしての価値しかねぇんぢゃねぇか?
続きを読む

消えたタスクバーを奪還せよっ!

オイラは未だにWindows XPを使っていますが何か?もう7年以上使っているけど特に何も問題無いしぃ、快適に動作しているからしてバージョンアップする余地が無いのである。なのでブッ壊れるまでまだまだ使うつもりである。が、昨年の12月某日に突然フリーズしてしまい、ニッチモサッチモ行かない状態になっちまったのでクラッシュ覚悟で強制終了。数分後、恐る恐る起動したら普通に起動してホッとしたのも束の間、タスクバーが消えてしまった・・・。
続きを読む

敵討

かつて日本において敵討という復讐を行う制度が存在した。江戸時代には法制化され仇討ちと呼ばれた。無論それは原則として手続きを踏んだ上実行され、基本的に親、兄弟といった尊属に害が及んだ場合に限られたが、人が人を殺める殺人行為が正当化されるという法である。法治国家として機能している現代日本においては当然ながら仇討ちは認められない。
続きを読む