アーカイブ : 2012年 2月 7日

鬼平残影 其の八~船宿“鶴や”

“鬼平犯科帳”において特に描写が多い、現在の両国、錦糸町界隈は例えば光村推古書院刊行“東京時代MAP 大江戸編”を見ると縦横に河川や水路が走っておる。埋め立てられて消えてしまったものもあるけど、現在でも残っているものも多い。川や水路は当時は重要な交通手段であり、物資を運ぶのにも大変重要なものであったろう。“鬼平犯科帳”でも多くの話で川や水路が物語を彩っていますな。
続きを読む