アーカイブ : 2012年 2月 22日

多首六絃琴

言うまでもなくギターはネックが1本であり、弦は6本であるのが基本であり、ただでさえギターは演奏が難しいのであり、それが多弦(10弦とか、11弦とか)になると更に演奏が難しくなるわけであり、ダブルネックだとかトリプルネックとかになると支離滅裂ってゆーか、マトモに演奏することよりもパフォーマンスとしての価値しかねぇんぢゃねぇか?
続きを読む