路上を闊歩する歌姫(?)

世の中にはカッコよく言えば“エキセントリック”、カッコ悪く言えば“変人”、今風に言えば“電波”ってる人が結構いる(みたい)。先日、仕事の合間に缶コーヒーを買いに行く途中でエキセントリックなお姉ちゃんに出会った。iPod(たぶん)で音楽を聴きながら闊歩する様はどう見ても今時のお姉ちゃんであり、ちょっと可愛くもあり、なかなかのお洒落さんであった。が・・・。

今聴いている音楽に無意識でそうしているのか、意識的にそうしているのかは不明であるが、かなりの大声で歌いながら闊歩しているのである。ちなみにその歌はオイラの知らない曲だった。

意識的行為だとしたら強者である。オイラにはとても真似出来ん・・・。無意識だとしたら天然である。これはオイラにも真似出来そうだ・・・。しかし、彼女の歌声は大変な問題を孕んでいた・・・。

“聞きしに勝る音痴”

なのである・・・。

前述のとおりオイラの知らない曲であるからして「だってこういう歌なんだもん」と言われちまえばぐぅの音も出ないのだけど、百歩譲ってあのメロディーがオリジナルどおりだとしたら“前衛作品”だと思ふ・・・。

つまりそれくらいハチャメチャなのであった。

いずれにしろ、街中を闊歩しながら好きな歌を大声で歌えることは幸せなことである。周りにいる人は不幸だけど・・・。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*