土の道

小名木川沿い


先日、小名木川W沿いをぶらぶら歩いてみた。両岸が桜並木になっており、まだまだ蕾は固く閉ざされていたけど、花見の季節にはさぞ美しい花を咲かせて多くの人々に癒しを与えることだろう。

実際歩いてみて感動的だったのは、遊歩道のほとんどが土の道だったことだ。普段、アスファルトで舗装された道ばかりを歩いていると全く気づかないけれど、土の道というものがこれほどまでに足に優しいのかということがよく分かる。

もうね、明らかに違います。土の道は結構長い距離を歩いても疲れんもの。裸足で歩くともっとその違いが分かるんだろうなぁ。

桜の季節にもう1度行ってみよう!

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

*