白黒ハッキリつけなくてもよろし

フラメンコ・ギターをやっていらっしゃる方なら、フラメンコ・ギターには大きく分けて2種類あることをご存知でございましょう。横・裏板がシープレス(糸杉)で出来た“Blanco(ブランコ=白)”とローズウッドもしくはハカランダで出来た“Negra(ネグラ=黒)”であります。本来的なフラメンコ・ギターは白ですが、フラメンコを弾くのに絶対に白でなければいけないことはありませぬ。その逆も真なり。

現在ではカンテやバイレの伴奏には白、ギターソロもしくはギターと他楽器とのアンサンブルには黒を使う傾向があるようですが、このあたりは好みですよね。

Paco De Lucia(パコ・デ・ルシア)はConde Hermanos(コンデ・エルマノス)の黒、Vicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)はManuel Reyes(マヌエル・レジェス)の白を好んで使っておられますね。

パコのギター(ネグラ)&ビセンテのギター(ブランコ)

日本では黒のことをクラッシクにもフラメンコにも使えるという意味で“両用”という言い方をしますが、オイラはイマイチこの言い方がピンと来ないのでっす。

表板や中の構造はフラメンコ・ギターに準じたものになっているので、白よりは多少深く潤いのある音にはなりますが、クラシック・ギターの音ではないと思ふ。

オイラの好みは断然白でございます。なので黒は一度も使ったことがありませぬ。現在使用しているマドリードのManuel Caceres(マヌエル・カセレス)作のフラメンコ・ギターはオイラの手に合わせて特注してもらった楽器ですが、注文をした後ファックスで「黒と白どっちがいい?」と聞いてきたので「絶対に白!白ぢゃないと泣いちゃうからっ!」と答えました。(ホントか?)

楽器が出来てからもう15年ほど経ちましたが、だいぶいい音になってきやした。でも、なかなか練習する時間が無いのよのぉ・・・。

  1. 黒と白ですか・・。知らなかったわ。勉強になりました。
    (それにしてもビセンテの写真がカッコよくて(^^;)お持ち帰りしちゃいました!)
    Luzia君の演奏も一度聴いたみたいので練習しといてね!(^_-)-☆彡

    • Luzia
    • 2012年 5月 31日

    @Angelitaさん
    ビセンテはこのヘアスタイルで固定して欲しいでっす。例のショートはNG!(笑)

    ビセンテは黒の楽器も所有しているそうですが、ライヴ演奏で使用しているのは観たことがないなぁ。

  1. トラックバックはまだありません。

*