採譜の神器

オイラが生まれて初めて耳コピ、いわゆる採譜をした曲はPaco De Lucía(パコ・デ・ルシア)の“Entre Dos Aguas(邦題:二筋の川)”でござった。まだフラメンコ・ギターを始めて間もない頃だったので無謀と言えば無謀であったのだけど、これは大変良い勉強になったなぁ。でも、例の速いピカード(スケール=音階)が余りにも速すぎて音が取れぬ・・・。ほんと頭がおかしくなりそうだったわ・・・。

当時はまだインターネットなどという便利なものはありやせぬ。今だったらYouTubeなどの動画で実際の演奏を参照したりすることが出来るので、かなり採譜の手間が軽減されるのだけどね。

なので昔は採譜の手法として、昔懐かしいオープンリールデッキで音源を再生する方法が一般的だったようざんす。利点は速いパッセージなどを実際の2分の1の速度で、しかも劣化させることなく再生出来る点でせう。ただし、音律はオクターブ低くなりますが・・・。

それでもかなり有効だったのではないでしょうか?で、オイラは当然そんな高級なものは持っちょらんかったので、CDからそのまま音を採譜しちょった。

速いピカードなんかは早送りや巻戻しを何度も繰り返して採っていたので、採譜が終わる頃にはCDプレイヤーがブッ壊れる・・・。

何とかならんものかと思っていた頃、AKAIというメーカーから商品名は忘却したけど、CD音源をサンプリングしてスロー再生出来る画期的なブツが発売されたのね。値段もそんなに高くなかったので速攻で購入。

このブツの良い点はスロー再生しても音律がそのままなのである。ナイス!が・・・。2分の1の速度やそれ以上スローで再生すると音がかなり歪んでしまうのさ・・・。まぁでも、当時はこれが最先端の技術ではあった。

その後、PCの時代になるとフリーソフトなんかでもスロー再生出来るプレイヤーが出始めて重宝はしていたものの、やっぱり音の劣化は否めない。

最近、しばらく忙しくてやっていなかった採譜作業を始めたので、近頃のソフト事情はどうなっているのかサーチしたら、何とも良さ気なソフトを発見。PSOFT謹製“CHRONOStream4”というソフトですけぇ。

CHRONOStream4

キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━ !!!!!

早速使っているんだけど、これイイっ!2分の1の速度でスロー再生してもほとんど音が劣化しないもん。

バージョン2の頃よりも処理負荷が1/3に低減&音声品質も大きく向上しているとのこと。確かに若干処理速度は重い感じがするけど、オイラのPCが非力なせいもある。

いやはや、いい時代になったもんだ。

この記事をシェアする

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

コメントをお待ちしております

*

2012年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2021 (201)
  • [+]2020 (200)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (364)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (364)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし