弦は結ぶ方が好き

オイラはこう結んでいやす。

オイラのギター弦の結び方


アコースティック・ギターやエレクトリック・ギターと違ってクラシック・ギター、フラメンコ・ギターはブリッジに弦を結びつけるのが一般的な方法であります。

これもいろんなやり方があるみたいだけど、オイラは上記の写真のようにシンプルに巻くのが好みでありんす。でも最近、弦を結ばないで取り付ける“Clea Tone(クリアトーン)”なるブツが発売されやした。

クリアトーン

アルミ製のチップに弦を取り付けて引っ掛ける方式ね。同様のブツは20年以上も前に某社から発売されているので特に目新しいものでは無いのだけど、アルミ製ということで廉価。[1]

弦がほぼストーレートになるので確かに音はクリアにはなると思ふ。弦の結びが甘くて抜けちゃうこともないし、ブリッジそのものの装飾を傷つけることもないでしょう。

最近ではこれと同じ効果を狙った“ダブルホールブリッジ”仕様のギターもありんす。

ダブルホールブリッジ

どちらも試奏をしてみたことがあるのだけど、チップやダブルホールブリッジにしろ、これらによって劇的に音が変化するという感じでは無かったな。若干音がクリアになるってだけ。

このあたりは好みがハッキリ分かれると思わるる。オイラ的には好みではなかった。やっぱり弦は結ぶ方が好き。

  1. ちなみに税込¥1,890也。某社のものは牛骨製が¥4,725、象牙製が¥6,300也 [戻る]

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Luzia

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし

  1. 私も結ぶ派でしたよ。で、写真のLuzia君の結び方と同じ感じで、4弦も1弦みたいにねじるのが好きでした(笑)
    糸巻きの方は、やっちゃん(先生!)が教えてくれた巻き方が一番簡単で確実なので、その張り方をしていましたね~。

  2. じんじん

    たまにしか張らない私は、いつもあたふたしながら替えてます。
    情けないことにブリッジのほうも糸巻きのほうも混乱しちまうんです。とほほ。

  3. Luzia

    @Angelitaさん
    おっ!さすがはやっちゃん先生!よくわかっていらっしゃる。最近お会いしていないけどお元気かしら。

    @じんじんさん
    弦交換は慣れると1本5分位で出来るのですが、めんどくさいと言えばめんどくさいですね。意外とプロの方でも間違った張り方をしている方がいらっしゃるのでビックリします。一応、これだけは守ったほうが良い事をご説明いたしましょう。

    ブリッジへの結び方は間違っていないのに意外に多いのがこの例。

    弦の結び方

    巻き弦(4弦、5弦、6弦)の先端に注目。クラシック・ギターの巻き弦はほとんどワイヤーの巻き初めの部分ときっちり巻かれた部分に分かれています。写真のように巻き初めの部分をブリッジに結ぶ方がいらっしゃいますが、この部分はワイヤーの巻きが甘いので音程が不安定になりやすいです。ですので、必ずこの部分はマシンヘッドのローラー部分に結ぶようにいたしませう。

    で、マシンヘッドのローラー部分に巻きつける方向も意外に適当な方が多かったりします・・・。

    弦を巻く方向

    写真左の5弦部分に注目!5弦がローラーの外側に向かって巻かれてしまっています。ですので、ナット部分からローラー部分にかけて弦に大変な負荷がかかっています。これが原因で弦が切れる場合があるのでご注意を。

    正しくは写真右のように6弦と1弦はローラーの外側、それ以外(5弦、4弦、3弦、2弦)はローラーの内側に向かって巻いていきます。

    もう一つ大事なのはなるべくローラー部分に巻かれる回数を少なくすることです。写真左と右では巻かれている長さが違うのがわかりますでしょうか。ちなみに2本ともチューニングを合わせております。右のほうが巻かれている長さが短いですよね。

    こうすることによってローラーにかかる弦のテンションを軽減することが出来、マシンヘッドを長持ちさせることになります。

    以上、Luziaさんの弦交換講座でした!

  4. じんじん

    Luziaさん、丁寧なご解説ありがとうございました。

    弦巻き、思いっきり間違えてました(凹)。

    弦の向きといい、巻く回数、外側・内側も。
    と言うより、ここまで丁寧に解説してくれたギター教本に出会ってないんです!

    写真付きの解説、私にとっては永久保存版です。

  5. Luzia

    @じんじんさん
    そうなんですよね。ギター教本は数多あれど、弦の交換を細かい部分まで解説しているものってあまり無いのです。いけませんねぇ。

    そうそう。あと、クラシック・ギターやフラメンコ・ギターのようなナイロン弦のギターの場合、弾き終わった後に弦を緩める必要なありません。1ヶ月~2ヶ月弾くことがない場合はつまみを1回転半くらい緩めるだけで大丈夫でっす。

  6. AAA

    今更ながら弦交換講座参考になりました!1•6弦は外側に巻くんですね、知らなかった…
    ありがとうございました!

  7. Luzia

    @AAAさん
    コメントをいただきありがとうございまっす。

    弦は新しいのにナット側で弦が切れやすい方のほとんどが、弦の巻き方向やローラーへの巻き数が極端な方が多いようです。ご参考いただけて幸甚でございます。

*

2012年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【 Twitter 】

【 アーカイブ 】

  • [—]2020 (73)
  • [+]2019 (131)
  • [+]2018 (118)
  • [+]2017 (141)
  • [+]2016 (121)
  • [+]2015 (243)
  • [+]2014 (365)
  • [+]2013 (365)
  • [+]2012 (366)
  • [+]2011 (364)
  • [+]2010 (365)
  • [+]2009 (165)

【 ブログをメールで購読 】

メールアドレスを記入して登録ボタンをポチッと押すと、更新をメールで受信できよりまっす。

【 管理人の素性 】

源氏名:Luzia (ルシア)※注:♂

棲息地:小岩区江戸川

仕事:カリスマ楽器店員のフリをすること

資格:A級穀潰師、超弩級竿師

血液型:B型ですけど何か?

星座:天秤座、時々、便座、稀に座薬挿入

趣味:フラメンコ・ギター演奏

得意技:土下寝、妄想、迷走、酒池肉林

不具合:肛門括約筋が根性なし