弦と楽器の相性

今日、お客人からなかなか自分の楽器に合ったギター弦が見つからないとのお話がありんした。ギターを弾かれない方にはピンと来ないかもしれませぬが、実際に弦と楽器の相性っていうものがあるのでございます。オイラの場合はどうかというと、昔使っていたConde Hermanos(コンデ・エルマノス)というギターは低音をフランスSavarez(サバレス社)の“CORUM(コラム)”のノーマル・テンション、高音をアメリカD’adario(ダダリオ社)の“Pro-Arte(プロ・アルテ)”ノーマル・テンションという弦を張っておったんだけど、これがベストでござった。

んでその後、現在使用しているManuel Cáceres(マヌエル・カセレス)というギターに換えた時に同じセッティングにしたら

低音弦が全然ダメだった・・・。

音がポニョンポニョンで全然張りの無い音になっちまった・・・。取りあえず、日本で入手可能のギター弦を手当たり次第に張ってみて一番相性の良いものを探したんだけど、結果的にはダダリオのプロアルテ・ノーマル(全弦)が一番相性が良かった・・・。

と、このように相性の良い弦を探すのは結構大変なのでありんすよ。

最近は素材にナイロンではなくフロロカーボンを使ったり、ナイロンにチタンを練り込んだりと色々な工夫を凝らしたギター弦が開発されているけど、オイラ的には普通のナイロン弦が一番好きかな。フロロカーボンはなんか音がギスギスしてイヤっ!

あぁ、誰かギター演奏が飛躍的に上手くなるギター弦を開発してくれんかなぁ・・・。

    • じんじん
    • 2012年 8月 30日

    ははは!
    私もそう思いますよ。
    アコギは今んとこマーチンだし、レスポはダダリオ、ストラト(タイプも)はアーニーボール、
    んでガットはプロアルテ1辺倒ですから。
    1時期エレキはストラトとストラトタイプだけだったのでStayInTuneやエリクシール、
    国産Yも試しました。
    アンプ繋がない生音だけでしたけど、どことなく違うんですよ。
    あ”国産のは持ちがダメダメで数カ月でサヨナラとなりましたが。
    アコギのG社は食わず嫌いでして。何故か手が伸びないんですよ。
    低音と高音を別々の会社で試すのも考えるんですが、使わず置いておくと
    まず間違いなく紛失するか錆させるかなので、これもアウト。

    そうそう今日の夜食のお釣り222でしたよん。
    であであ。

    • Luzia
    • 2012年 8月 31日

    @じんじんさん
    てか、じんじんさんギターいっぱい持っているのねぇ。ムイ・ビエン!

    Yのギター弦はお話になりませぬ。ほとんど嫌がらせとしか思えないほど鳴りません・・・。

    >そうそう今日の夜食のお釣り222でしたよん。

  1. トラックバックはまだありません。

*