アーカイブ : 2012年 9月

「へぇ、こいつはいいやぁ」と取りあえず言ってみる

このブログで使用しているWordPressのバージョンが3.4.1から3.4.2へとマイナー・バージョンアップした。でもねぇ、やっぱりバージョンアップって怖いんだよねぇ。「もうちょっと様子を見よう」と誓いを立てるも、バージョンアップという言葉に弱いオイラはバージョンアップしちゃうんだねぇ・・・。という訳で、万が一に備えてデータベースとファイルのバックアップを取って実行!
続きを読む

「皇室出身の人間に対してその口のききかたはなんだっ!」

電波さん来店

はぁ~、ストレスが一気にマックスだわ・・・。
続きを読む

鬼才!天才!ファジル・サイ!

って・・・。オイラの大好きなFazil Sayファジル・サイW)が日本ではこんなキャッチフレーズで売られていたんだね・・・。ブラヴォーぢゃねぇかおいっ!でも確かに“鬼才”“天才”っていうのは伊達ではなく本当である。言うまでもなくファジル・サイはピアニストであり、作曲家であり、基本的にバリバリのクラシック・プレイヤーなのにジャズの演奏も神がかっており、要するに素晴らしすぎるミュージシャンである。
続きを読む

理由はわからないけど、たまらなく好きなんです。好きで好きでしょうがないのです。わぁ~~~~~~ん(号泣)

これまでにもテキスト・フェチコンクリートの匂いフェチのことを書いたけれど、実はもう一つあったことを思い出した。子供の頃からこれが好きであり、長じてからもこれを見るとなぜか妙にノスタルジックな気分になってしまうわけであり、夕日に映えたこれを見るとたまらない気分になって思わず「だけど涙が出ちゃう・・・男の子だもん」アタックNo.1Wの鮎原こずえのようになってしまう昨今。皆様におかれましてはいかがお過ごしでせうか?
続きを読む

ペンで書き書きするだけで文字が電子化っ!

ITバブル絶頂の頃、30代前半でベンチャー企業を起ち上げた若社長さんがご来店。で、実にあっさり名器系の楽器を3本ご購入された。総額は驚愕の8桁に・・・。しかも、現金一括・・・。お相手をさせていただいたオイラの1日の売上成績は当然ながらお店史上最高を記録したことは言うまでもない&現在までもこの記録は破られていない。てゆーか、今後もまず破られることはなかろう。
続きを読む

ギターを弾いていて「どうしても指が届かないんだよぉ~~~」とお嘆きの善男善女の皆様へ

指のストレッチのことは前にもちらっと書いたことがあったような、無かったような。いずれにしろギターやピアノを弾くには手が大きいことに越したことはありませぬな。とは言っても、欧米人に比べると日本人の平均的な手の大きさはやはり小さい。どうしても指が届かない場合は音をオクターブ上げたり、思い切ってカットしてしまったり、もしくはそういう曲は弾かないっ!という選択肢もあろう。んが、ちょっとしたアイデアで手がバカでかい人でも押さえることが出来ないほどのストレッチを要求される音を簡単に押さえる技があるんだよ兄弟姉妹っ!
続きを読む

影向の松

今日は公休。寝起きに何気なく“若大将のゆうゆう散歩”を観ようとテレビをつけると、なんと今日の散歩コースはわが町“小岩”ではないかっ!“ちい散歩”でも小岩は紹介されたことはあるけど、やっぱり嬉しいよねぇ。見慣れた風景なんだけど、ブラウン管(ええと、うちはまだブラウン管テレビです・・・)を通してみるわが町小岩は格別でございます。
続きを読む

だ、ダブル・スケールって何???

先日電話でお客人から、「ダブル・スケールってどういう練習をすれば速く弾けるようになるのでしょう?」と質問をされて実に困った・・・。なぜなら、“ダブル・スケール”っていう言葉を初めて聞いたからである・・・。こいつはヤベェことになった・・・。ギターは一応長いこと弾いているし、基本的な音楽理論はきっちり押さえているはずなのだが・・・。で、お客人が一体何を言っているのか誘導尋問した結果、こういうことだった。
続きを読む

雨を乞う

8月25日、福島市飯坂町湯野の山中での雨乞いの儀式。(YOMIURI ONLINEより)

雨乞いの儀式

続きを読む

チンチロチンチロチンチロリン

“しごろかっぱぎぴんぞろごぞろ~~~っ!”

それはチンチロリンWぢゃあっ!さて、今朝出社すると店の入口に見たことがない虫が死んでいるのを発見。バッタみたいなんだけど、なんか違う。で、我が社の虫マニアY君に見てもらって名前が判明。
続きを読む